ドローンのスクールで講習を受講することによって取ることができます。 有名なところでは JUIDA,DPA,DJI CAMP、ドローン検定 などがあります。 ドローンを使った職業というのは徐々に増えています。 そんな中、 そう思っている人もいるのではないでしょうか。 そこで、この記事ではドローンを飛ばすのに免許や資格は必要なのかと職業別におすすめの資格を詳しく解説していきます。 ぶっちゃけルールさえ守れば誰でも自由にドローンのフライトは可能です。. ドローンレース用ドローンはこれだ!おすすめの機体やレースの注意点|ドローンスクールゴーは、新たなビジネスとして注目されているドローンの操縦士として、活躍するための第一歩を応援します。日本全国のスクール情報を掲載し、エリアやコースを選んでスクールが探せます。 例えば、自動車免許なしで公道で車を運転すると道路交通法違反になりますし、薬剤師免許無しで薬を扱うと薬事法違反になります。医師や弁護士、公認会計士なども免許が無くてはいけません。国が発行するそれぞれの免許によって、『許可』が降りて、そこで初めて車の運転などが可能になるのです。 おすすめのドローン 2017.01.28 2017.12.19 guriko. ドローン操縦初心者. 一方で、産業用ドローンや、レースに必要なFPVのモデルは、電波の混信が少ない5.7GHz帯と5.8GHz帯の周波数を使用しているため資格が必要。 利用するには、「アマチュア無線技士4級」以上と「陸上無線技士3級」以上や、「無線局の開局」が必要です。 ドローンの飛行は自動車のように危険性を伴うものであるため、日本国内では法律や条例により規制を受けます。現在の日本には自動車免許のようにドローンを飛ばすのに必須の資格は存在しませんが、資格を取得をすることによって得られる学びは、知識・技能習得につながり、第三者への技能証明にもなるため、ビジネスでドローンを活用していくならば重要になってくると考えられます。また、許可申請を行う際には資格を … ドローンの資格に関して国家が先導しているものはなく、現時点では全て民間資格です。 ・ドローン資格の”必要性”を「教習の主要団体」ごとに検証します . しかしながら、ドローンには、飛行前に ”必ず知る必要がある” 法律や安全運用の知識が数多くあります。これらの知識を独学で習得できるのであれば、スクール等に通う必要はありません。ただし、法律や安全運用の知識が足りないことで、うっかりと法律違反を犯してしまう可能性は大いにあります。 ドローンを屋外で飛ばしたいけど法律で禁止されているようだな; 国に申請すれば飛ばせるみたいだ。 ドローンの免許、国家資格取ってみようかな。 ドローンのスクールがあるみたい。 かなり受講料金高いな。 ドローンの免許や国家資格は今現在無いのか。 ドローン操縦士の資格取得. 具体的には、航空法を知らずに違反飛行を行ってしまうこと、機体の操作ミス・整備不良による墜落、家屋や自動車などに落としてしまうケース、人に当ててしまうケース等…。初心者が『想定外』と感じるケースは数多くあり、場合によっては罰金になります。, もともとドローンは、法律がほぼありませんでした。ですが、首相官邸にドローンが墜落した事件などを受けて、ドローン規制の流れが生まれました。この墜落事件は意図的なドローンの悪用でしたが、それ以外にも逮捕された方が『想定外でした』と話す事件が多発。それを受けて2015年12月の改正航空法から法規制が始まり、現在進行形で整備され続けています。, 確かに「ドローンによる事故」は規制を生み出してきました。しかしながら、そうした法律や規制強化の原因になった事故の事例の積み重なりが、同時に「どうしたら事故を起こさずに済むか」という知識や基準を生み出したのは確かです。, 重要なのは、『現在のドローンの法律や安全基準を知ること』『法令を遵守すること』だけでなく、『過去に何があったのか』『なぜそういった基準が生まれたのか』といった知識を学ぶことも心掛けることです。, 免許・資格をが取得する義務は確かにありません。だからこそ、ドローンを飛行する者として、正しい知識とモラルを持つ必要があります。, ここまで、ドローンの飛行にはかなり知識が必要であるという話をしてきました。いわゆるドローンの講習団体や認定資格は、こういった安全に関する知識や技能を事例を交えて教えてくれるというが非常に大きなメリットとなっています。, 本来であれば、『ドローンの箱を開けた瞬間知っていなければならない」という知識ばかりではありますが、それを実際に全部独学するのは相当大変です。現状、かなり知識として危うい人がドローンの飛行を行っているケースもあるかと思いますが、講習団体としては一人でも多くのきちんとした操縦士を排出することを目的に行っています。, 更に申し上げると、資格・認定証を取得することには仕事上では3つのメリットがあります。, このように、ドローンスクールは世間的に見て「操縦士の信頼」を最低限保障してくれます。, 国土交通省では、「無人航空機の講習及び管理団体一覧」という一覧を掲載しています。この中では、認定資格を発行している民間団体のリストを公開しています。今回は、その中でも管理団体として最も代表的な3つの認定団体を紹介します。, ドローン最大手メーカーDJI JAPANが主催する、ドローン講習プログラムで、合格すると「DJIスペシャリスト」として認定される。実際の運用は、DJI JAPANの認定を受けた「DJIインストラクター」が在籍する企業によって各県で講座が開催されている。, 審査項目としては、正しい知識、正しい操縦方法、そして飛行モラルを習得しているかが評価される。, 正式名称は、「一般社団法人ドローン操縦士協会」。特徴として、各省庁の次官経験者などが、集まり設立されている。設立目的として、ドローン運用の国家資格化とその整備をあげており、「DPA技能認定資格」を発行している。 アマチュア無線4級の取得には、国家試験を受験するか、養成課程講習会を受講するという2種類の方法があります。オススメなのは講習会を受講ことで、その後に行われる修了試験でアマチュア無線4級を取得出来る点がポイントです。, 本記事では、ドローンにおいては、国が発行する免許は存在しないこと、民間が発行する認定資格はあること。その認定資格の意義と発行団体。そして航空法に関する最低限の知識について見てきました。 ドローンマスターズスクール茨城・土浦校では、初心者向けのドローン操縦コースから本格的なビジネス向けのdpa認定資格の取得が可能なコースまでドローン操縦に関して学べる様々なコースをご用意しております。ドローンの操縦体験だけでもお気軽にどうぞ! […], もくじ1 はじめに2 アマチュア無線4級とは3 アマチュア無線4級の取得方法4 国家試験の受け方5 アマチュア無線4級 持ち物6 アマチュア無線4級の出題傾向7 アマチュア無線4級の勉強方法8 編集後記 はじめに ドロー […], 近年、魅力的な映像を制作する最新アイテムとしてドローンへの注目が高まっています。アーティストのMVやテレビ収録の際にもドローンを使用することが多くなってきました。 米津玄師にベボベ、有名アーティストのMV撮影を担う中学生 […], もくじ1 モバイルバッテリーは現代人の必需品2 モバイルバッテリーを選ぶときのポイント7つ2.1 サイズで選ぶ2.2 容量で選ぶ2.3 機能で選ぶ2.4 価格で選ぶ2.5 デザインで選ぶ2.6 複数充電が可能か2.7 そ […], ソニー・インタラクティブエンタテイメントが発表した次世代ゲーム機「プレイステーション5」。この記事ではプレステ5の最新情報を総まとめ!2020年12月3日で26周年を迎えたプレステの最新モデル、プレステ5の魅力に迫ります […], もくじ1 2022年のレベル4実現に向けて2 ドローン配送とは? 2.1 ドローン配送のメリットは? 3 創設が検討されている飛行制度の方向性3.1 ドローン機体認証について3.2 ドローン操縦ライセンスについて3.3 […], Facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます), 【2020年最新】値段が安い空撮ドローン&おすすめカメラ付きドローン7選 in Amazon, 【2020年最新】モバイルバッテリーおすすめ10選!コスパ最強やコンパクトなモデルをご紹介!, 更新料:有償予定 受講するための条件:DJIユーザー、50時間以上のフライト経験、第三級陸上特殊無線技士保持者、DJI CAMPスペシャリスト講座を開催し、DJIスペシャリストの教育、監督、技能認定を行う企業・個人事業主, 受講条件:専門コース受講者又はエンルート機操縦経験50時間以上、インストラクター資格所持. ドローン教習所は全国統一カリキュラムで操縦操作が学べるドローンスクールの全国ブランドです。自動車学校とドローン検定協会が共同でカリキュラムを開発。安心して通えます。「ドローン教習所」はドローン検定協会の登録商標です。 【2018年更新】ドローン講師が教える、1万円前後のおすすめドローン3選+1選, しかしながら、ホビードローンであっても飛行方法によっては法律上の制限が加わることがあります。それが以下になります。, これらのどれかに該当する場合は、申請が必要となります。書類に必要事項の記入を行い、指定された機関に提出を行うことで認可されます。 ドローンを飛行する上で、日本には「免許」はありません。どなたでもドローンは飛ばすことが可能です。 免許とは、「官公庁が免許を発行した特定の人が、ある行為を行う許可」のことを指します。免許が必要な行為は基本的に法律で禁止されています。そのため、免許無しでその行為を行うと、無免許として法律違反になってしまいます。 例えば、自動車免許なしで公道で車を運転すると道路交通法違反になりますし、薬剤師 … 独学でもドローンの知識をインプットはできます。. ドローン女子になる!初心者「女性」におすすめドローン5選 <最新記事>ドローンのおすすめ15選。初心者でも手軽に空撮を楽しめる小型ドローンをご紹介【2020年最新】値段が安い空撮ドローン&おすすめカメラ付きドローン7選 in Amazon【2020年最新】モバイルバッテリーおすすめ10選!コスパ最強やコンパクトなモデルをご紹介!, 空の産業革命と謳われ、急速な市場拡大が進むドローンビジネス。その盛り上がりにあわせて「ドローンで新しい仕事にチャレンジしたい!」と思う人も少なくないはずです。しかし、そこで気になるのが、ドローンに関する資格の話です。 イチからプロフェッショナルを目指そうと思った場合には、以下のような疑問が頭をよぎるのではないでしょうか?, そこで、私たち『ビバ! ドローン』編集部がドローンを活用して収入を得ていくために取得しておくべき資格を徹底調査! プロのドローン操縦士やドローン空撮カメラマンなどを目指している人からすでにドローンオペレーターを目指している人に役立つ情報を余すところなくまとめましたので、ぜひ、最後までじっくりご覧ください!, 当サイト『ビバ! ドローン』の運営会社は、ドローン専門の人材派遣サービス『スカイエージェント』の運営や空撮、測量、点検などの受託事業を行なっています。そのため、現場で求められる資格やスキル、そして実際の報酬についても実績に基づくデータを保有しています。そこで、この記事ではドローンビジネスを俯瞰すると見える資格の有利不利や仕事の傾向についての業界情報を皆さまにお届けしたいと思います。, 現在日本に存在しているドローンに関連する資格はすべて民間資格であり、ドローンを利用する際に法律で取得が義務付けられているものではありません。, 比較として、車を例にみてみましょう。 自動車を運転するためには、公安委員会(都道府県の行政委員会)が認定する普通自動車免許を取得することが道路交通法により義務付けられています。また、この免許を所持せず車を運転した場合は法律違反となり罰則の対象になります。 ドローンの資格がどんなものかざっくりと理解するために、車の免許と比較してみた表は以下の通り。, 上記の表の比較でもわかるように、日本国内でドローンを飛ばすためには「自動車免許」のような資格が必須というわけではありません。取得を義務付ける法律もないので、無免許や無資格でドローンを飛ばすことは法律違反ではないのです。 ただし、ドローンを飛ばす場所や方法については法律により規制があり、違反した場合は罰則の対象となるので注意が必要です。, 「資格や免許が要らない」ことは「どこでも勝手に飛ばせる」という意味ではありません。 免許に関して例えるなら「ドローンは車ではなく自転車」と考えるとわかりやすいかもしれません。自転車に乗るために免許は要りませんが、道路交通法を守る必要があります。便利だけど、危険性があるから安全を守るためのルールやマナーがある、という意味でもドローンと自転車は近いと言えるでしょう。「ドローンの利用には免許取得が義務付けられていない」ことを「法律による規制やルールがまったく無いんだ!」と誤解しないよう、くれぐれもご注意ください。, 日本国内でドローンを使用する際には以下の法律などによる規制を受けることになります。, ドローンを飛ばす際に確認するべき法律や条例、ルールなどについては以下の記事に詳しくまとめてありますので、チェックしてみてください。, 繰り返しになりますが、「資格や免許が必須ではない」ということは「どこでも好きに飛ばせる」という意味ではありません。また、航空法に違反した場合は50万円以下の罰金など重いペナルティが課させる可能性もあるので要注意。ドローンを飛ばす前に確認して事前に手続きが必要な場合は、もれなく実施するようにしましょう!, ドローンの利用が法律で規制されている以上「知らずに違反した」場合でも罰則の対象になります。そのため、利用に際しては各自が法律や条例、安全運用に向けた調査や学習をすることが必須です。とは言え、調べてもわからなかったり、不安な点が出てくることがあるかもしれません。そんな時は、国土交通省のヘルプデスクに問い合わせるのがおすすめです。管轄の航空法に関する内容を中心に、ドローンの利用に関する質問を受け付けてもらえます。, 趣味での飛行ではなく、プロフェッショナルな仕事として点検や測量、空撮などにドローンを操縦する場合に資格や免許は要るのでしょうか?, 業務でドローンを使用する場合においても、資格や免許を義務付ける法律は存在しません。 しかし、プロとしてドローンを仕事に使用する場合は資格を取得しておくのが望ましいと言えるでしょう。なぜなら、プロとして仕事をする場合、無資格だと仕事を受注する場合に不利になるからです。私たちが業務でドローン操縦士の方をご紹介する際にも、クライアントの企業様からは「有資格者で」というご要望がほとんどであり、「とりあえず飛ばせればいいっす!」というような発注は、実際の現場には存在しません。, なお、既に空撮などで顕著な実績を持っている方々は、必ずしも全員が資格を所持しているわけではありませんが、これからドローン操縦士を目指そうという方は何かしらの資格を持ってくほうが良いことは確かです。端的に言えば、プロのドローン操縦士として仕事を受けるには客観的に自分の腕前を証明する資格を保有していたほうが有利というわけです。, ドローンの操縦に関する資格を認定している民間団体のリストは、国土交通省のウェブサイトの「無人航空機の講習及び管理団体一覧」に掲載されています。, 「小型無人機に係る環境整備に向けた官民協議会」においてとりまとめた制度設計の方向性に基づき、無人航空機の操縦者に講習会の受講を促し、操縦技能の底上げを図ることを目的として、所要の要件を満たす民間講習団体及び講習団体を指導し管理する団体を航空局ホームページ(HP)に掲載する制度を、平成29年4月に導入しました。 出典:無人航空機の講習団体及び管理団体の航空局ホームページへ掲載について|国土交通省, なお、上記以外に「ドローン資格」を発行している団体が存在する場合もありますが、国土交通省が定める要件を満たしていることが証明されていないため、仕事を受注する場合の「武器」にはなりづらいと言えるでしょう。, 私たちは、日々ドローン関連の業務をクライアント様から受注していますが、その中で、ドローン業界において主要な資格認定団体と認知されているのは、以下の実技系3団体座学系1団体であると考えています。, プロフェッショナルとしてドローン操縦を行うのであれば、まず取得するべきなのは以下の, 3つの資格のいずれか。この中から1つを取得すれば、プロの操縦士としてのスタートラインに立つことができます。当社で実際に測量や点検、空撮などの案件を実施した経験上、これらの資格は必要最低限の知識と技能を習得したと認められる水準のもので「これさえあれば仕事が取り放題!」というレベルのものではなく、あくまで入り口にすぎないという認識が必要です。, 民生用ドローンメーカーとしては世界最大手のDJI、その日本法人 DJI JAPANが管理するドローン技能認定資格です。プロ用ドローンの製造メーカーとして日本国内でも圧倒的シェアを持つ同社の講座だけに、豊富な飛行ケースや安全性に関するデータを基にしたカリキュラムを学習できる点が強み。また、他の資格にくらべて安価に受講できる点も魅力です。なお、DJI以外のメーカーが製造した機体の操縦に関しては講座内容に含まれていません。 », DPAは飛行技能や安全運行に関する体系的な情報と豊富な実技訓練に基づいた実習を通してドローン操縦士として即戦力になるために必要な知識と経験を網羅的に学べるカリキュラムが強みです。この記事で紹介している3つの主要資格の中では卒業時に習得できる知識と技術の水準が最も多い資格であると同時に、受講価格が最も高い講座でもあります。, JUIDAの講座は座学で学ぶ知識が体系的かつ網羅的に整理されていることが魅力です。それぞれの資格を取得することで、ドローンの操縦や安全運行管理、講習の実施(インストラクター業務)についての知識を有していることが証明できるようになります。実技に関しては一定のカリキュラムはあるものの、各スクールごとによりバラつきがあるため、高いフライト技術が求められる案件の場合は「操縦技能証明」だけでは不十分とみなされる可能性もあります。資格を活かすためには、追加で卒業後にノーズインサークル(ポイント・オブ・インテレスト)やホバリング、8の字飛行などを低速や高速で確実にこなせるまで練習を積み、50時間以上のフライト経験を積むことがおすすめです。, ドローン検定は座学のみの資格で難易度順に4級から1級までがあります。近年では提携スクールで実技訓練を行なっている場合がありますが、基本的にはドローンを安全に活用するための知識を学ぶための講座です。自分自身でドローン操縦士として飛行を行わずに、案件の発注などを行うために基礎的な知識が必要だ、というような場合などにおすすめの資格です。なお、上級検定は難関なので、ドローン関連の知識に自信の有る方が腕(頭?)試しに受講するのもおもしろいかもしれません。, 初心者の方は、まずドローンスクールに通うこともオススメです。スクールでは講師と一緒に疑問点を解決しながら操縦を効率良く学べます。また、スクールの授業を通して短期間で資格を取得できるコースなどもあり、今すぐドローンを仕事にしたい方にオススメです。, ドローンスクールジャパン中目黒校は完全マンツーマン指導。パーソルテンプスタッフ(株)と提携しており就職・転職を徹底的にサポートしてくれるのもポイント。その結果ドローン関連の就職率は81.6%と、とても高いです。, 4日でDPA認定資格「回転翼3級」を取得することができ、就職・転職に直結。こちらのスクールは女性講師も在籍しているので、ドローンを初めてみたい女性の方も安心して受講する事ができます。, また、無料説明会や無料体験コースもあるので、気軽にスクールの雰囲気を見に行くことも可能。国土交通省と共同で作成したカリキュラムなので安心感もあります。, 関西圏でオススメのスクールは日本ドローンアカデミー大阪校。JUIDA認定のドローンスクールです。18時間の飛行実習と1泊2日の空撮合宿でしっかりと実践を積む事ができ、JUIDA認定操縦士と安全運航管理者の資格を同時に得る事ができます。各地にスクールを展開していますが、大阪校では今限定で特別な特典が付いてきます。, なんとドローンシステム飛行場を永年無料で使用することができるんです!「最近、操縦してなくて不安だな」という時に気軽に使える練習場があるのはパイロットにとってとても嬉しい特典!そのほかにはDJI製品を購入した時に、ドローンシステムが特別につくとのことです。, 平日コースのほかに週末コースもあり、職場や学校があっても無理なく通えるのも嬉しいポイントですね。関西圏にお住いの方は是非こちらのスクールをチェックしてみてください!, 上記の主要3資格のうちDJA CAMP・DPA・JUIDAのどれかで資格取得すれば、プロのドローン操縦士になるための第1歩を踏み出せたといえるでしょう。しかし、ライバルの操縦士たちに差をつけるためには、以下のような資格を取得するのがおすすめです。主要3資格と比較した場合の難易度は上がりますが、普通の資格とは違う「武器」として取得検討してみてください。, ドローンを利用して田畑などへの農薬散布を行なうためには、農林水産省による技能認定を受け、農林水産省の外郭団体である農水協に空中散布用の機体を登録する必要があります。また、空中散布を行う前に「事業計画書」提出することで、ドローンを用いた農薬の散布が可能になります。 上記の通り必要なステップは少なくありませんが、他の資格と比べて難易度が高いわけではありません。ある程度、ドローンオペレーター経験を積んだら、より多くの案件を受注するためのステップアップとして強くおすすめです。, また、田畑への農薬散布が主になるため、ご自身が働くエリアの周辺に農家が多い場合や、自分自身が農業に携わり農薬散布などの知識がある場合は積極的に取得を狙うべき資格です!, 日本屈指のドローン空撮のプロフェッショナルとして活躍する請川博一さんが主催する講座です。プロパイロットの実技試験は国内最難関として知られ、1,000時間を超える飛行経験をもつ操縦士すら落第するほとの難易度です。そのため、プロパイロットの資格をとることでドローン操縦士のなかでも抜群の操縦技能を有していることを証明できます。空撮関連のハイエンド案件を受注したい場合は、取得にチャレンジしてみると良い資格と言えるでしょう。, ※ 2回の昼食代、テキスト代込 ※「SkyLinkマルチコプター操縦士認定」所持者は、16,200円引き。, ドローンの主要メーカーであるDJIやFreeflyは海外メーカーです。そのため、国内メーカー製機体の使用にこだわる一部のクライアントの案件では使用ができない場合もあります。そこで、そのような需要を狙って国内メーカーの機体運用に特化した操縦士となることを目指すことことがが可能です。DJIやJUIDAの資格とくらべて、格段に所有者が少ないため独自の立ち位置を築いていきたい人におすすめです。, 国産機体メーカーが認定する資格です。点検や測量、空撮などにドローンを用いる場合に、一部のクライアントは国産機体の使用を条件にするケースがあるので、そのような案件を狙ってリピート受注を取るドローン操縦士を目指す方におすすめの資格です。現状では旺盛な需要がある状況ではありませんが、将来的に国内機体を使用した案件のニーズが高まる可能性に賭けるという人はこの資格を狙ってみましょう!, ドローンを活用した仕事でプロフェッショナルになるためには、資格を取得することが重要な第1歩ですが、それだけですべてが完結するわけではありません。この項では、ドローン操縦士として案件を受注し、リピートにつなげるための基礎的な心構えやテクニックを紹介します。, ドローンの操縦士として継続的に仕事を受注するためには「資格をもっている」「飛ばすのがうまい」というだけではなく、ビジネスパーソンに求められる基本的なビジネススキルやコミュニケーション能力が必要です。例えば空撮の場合でも、趣味で行なう場合と異なりクライアントありきの仕事になるため要望を正確に汲み取る能力や、不可能な要望に関しては相手の気分を害さず断る能力が必要になります。, 「腕が良ければ何でも許される」ような世界では決してありませんし、ドローンというツールを使う業務であっても根本は人間と人間が関わる仕事である以上、社会人としての基礎的なコミュニケーションの作法を身につけていることが必須です。, 例えば「メールの文面が友だちに送るような内容」「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)ができない」といったドローン操縦士は資格やテクニック以前の問題で継続して案件を受注することが難しいと言えるでしょう。一方で、スムーズに相手の要望を聞き出せる、正確な報告ができる、レスポンスが速い、ドローン以外の専門知識が有る、といったことはアドバンテージになります。, ドローンを操縦する技能に加えて、より専門的なスキルを身につけることで稼げるドローン操縦士になれる可能性がグッとあがります。以下に、実際の案件として多い事例をもとにプラスアルファとして習得するのがおすすめのスキルを一覧にしました。, ドローン空撮とひとくちに言っても、工事現場の記録用からCM撮影まで幅広いものがあります。例えば、アーティスティックな空撮を目指すなら「人を感動させる空撮動画を創るドローングラファーの養成・交流を支援する」ことを標榜している DRONE OWNERS倶楽部などに参加するのがおすすめです。, また、イベントの空撮などでは、単純な記録写真ではなくインパクトのある映像や写真を撮るための提案が喜ばれる場合が多いので独自の企画力やそれを魅力的につたえるコミュニケーション力が大きなアドバンテージになります。, 基礎的な点検で業務であれば、カメラで高解像度の写真や映像を撮影できれば問題ありません。ですが、加えてより高解像度なズームカメラ(ZENMUSE Z30など)やセンサーを活用したより測量や点検ができるようになれば、受注する案件の単価が上がります。 中でも建設・土木工事の現場で活用されている, i-Constructionとドローンを連携させるスキルなどは要注目です。今後、ドローンの活用が進む中で需要の増加が見込まれるジャンルです。なお、高度な測量には特殊なマーカーやソフトウェアを使用した空撮テクニックが必要になりますが、ソフトウェアの進化により扱いは比較的容易になってきています。そのため、このジャンルではドローンやソフトの技術に加えて、そもそもの測量の知識を持っていることが大きな強みなります。そのため、現場での測量経験がある人がドローン操縦士を目指す場合は、真っ先の狙うべきジャンルです。, 具体的にはDJI『GS Pro』や『Litchi』などの自動航行アプリと測量ツールである『Pix4D』や『Terra Mapper』などを利用して測量や3Dモデルの制作を行なう技術が求められます。, ドローンに関連する資格は法律により取得が義務付けられているものではありません。そのため、航空法などの関連法規に基づく条件をクリアできれば無資格でもドローンを飛ばすことができます。ただし、実際にプロフェッショナルとして仕事を受注するためには、民間資格の取得が必要になるというのが実情です。加えて、収入アップを目指すなら、農薬散布や測量点検などの高単価な案件を受注するため、より専門性の高い資格やスキルが必要になります。, プロのドローン操縦士を目指す場合は、まずこの記事で掲載している主要3資格から1つを取得し、その後自分の興味や専門性にあわせて飛行経験を積みつつより高度な資格を取得していく流れがおすすめです。, ドローンのおすすめ15選。初心者でも手軽に空撮を楽しめる小型ドローンをご紹介【2020年最新】値段が安い空撮ドローン&おすすめカメラ付きドローン7選 in Amazon【2020年最新】モバイルバッテリーおすすめ10選!コスパ最強やコンパクトなモデルをご紹介!. 結論から先に言いますと、ドローンを飛ばすのに資格は一切必要ありません。 だれでも飛ばすことは可能です。 しかし、ドローンの民間資格は存在します。 民間資格とは、民間の団体が一定の水準で試験を実施し合格して与えられる資格の事ですね! ちなみに国家資格とは、国の法律に基づいて、国や地方公共団体が実施する試験に合格して与えられる資格の事です。 医師や弁護士、税理士なんかは国家資格に該当します。 これら … ドローンを楽しむために必要な資格や免許について解説します。ドローンの免許はドローンの種類によっても変わってくるので、正しい知識を得ることが重要です。本記事では電波法の解説や、民間で行われている資格プログラムについても詳しく解説しています。 一方「ドローン操縦士回転翼3級インストラクター」は、その「ドローン操縦士回転翼3級」の資格を持っていないと受けることができません。 こちらは18歳以上、50時間以上の飛行経験など、ハードルが高くなっています。 我々ドローン講習を行っている身としては、本来『ドローンを開けた瞬間に知っていなければならないこと』を、きちんと教えられずに飛行を行っている人が多数居ることを、非常に憂慮しております。, ドローンはご存知の通り危険と隣り合わせのものです。実際のところ独学だけでは不完全で、きちんとした内容の講習を受ける必要は間違いなくあると考えています。, ただし、民間の認定資格を取得しようとして正しい知識を教えてくれるスクールに通うと、それだけで20万円近くのお金が取られてしまったり、『この資格でドローンパイロットになれる』といった安易な煽りが横行している現状は良くないと考えています。, そうした課題意識を持った上で、弊社ではドローン最大手メーカーDJIの公式の認定団体として、DJI CAMPを『質の高い講習をきちんと誰もが受講可能な値段で』運営を行っています。ぜひご興味があれば、お問い合わせを頂ければと思います。, ドローン操縦士派遣、ドローン導入事業、メディアなどドローンサービスに関連する事業を展開。, ドローン空撮特化のカメラマン派遣。年間500発以上の空撮事例を誇り、DJI公認インストラクター、米国FAA操縦士が、全国にTV/CM/PR空撮・360°VR空撮を提供, 空撮・測量・点検といったドローン利活用の実務、最新機体、規制状況、業界ニュースを分かりやすく解説。, 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること. 重量200g以上で規制対象のドローンを、上記の飛行エリア内で使用する場合は許可や申請が必要になってきます。 主要都市を中心に、認定ドローン教習所を複数開校しており、特徴として都内にも「大規模なドローン飛行場」を同時開設している点が挙げられる。 オススメのホビードローンに関してはこちらの記事で特集しています。 申請自体は難しくないですが、基本的に認可されるのは業務での使用がメインで、趣味での空撮の申請は厳しいです。それゆえ、上記の条件下では基本的に飛行は行わないように気をつけましょう。, ドローン飛行に関する安全知識と、用語や機体の構造といった基礎知識から、飛行に関する特性、電気電子工学、航空力学、気象学、関連法規などといった航空に関するの知識を学び、筆記テスト認定を得ることができます。 よってドローンの資格(免許)は無くてもまったく問題ナシ!. ドローンの利用が拡大に伴い、操縦者、またはそれを運用するスタッフも多く必要になります。ドローンの利用にあたり、免許や資格が必要なのか、またドローンの種類についてもご紹介します。操作テクニックを向上させるためのドローンスクールも紹介します。 ドローン操縦士に関連する資格には、民間団体が認定しています。持っていなくても問題はないものの、操縦技術や知識を証明するために取得する人も増えています。その他にも、操縦する機種によっては、持っておいたほうがいい国家資格もあります。 注意すべきポイントは、この資格が国土交通省が発行したものでなく、あくまで民間企業が「一定水準の技術を有するという実力を認める」という『認定資格』になることです。それゆえこれらの資格は免許とは違い、法律的な効力はありません。 当記事では【2020年最新】ドローンの資格や種類についてご紹介しています!ドローン飛行には様々な法や規制が存在します。そこでドローン操縦には資格・免許は必要なのか?また取得にはどのくらいの費用が掛かるのか?などをまとめています。 現在流通している、200g前後の小型な「ホビードローン」と呼ばれる種類のドローンは航空法の対象にならないため、練習用としては最適です。 2日間で「国交省が規定した飛行に必要な操縦技量基準以上」 のスキルを身につけることができます。 試験に合格すると、国土交通省認定資格「スカイピーク認定ドローンパイロット2級」を取得できます! (adsbygoogle=window.adsbygoogle||[]).push({}); 今なにかと話題のドローンを使って「空撮動画にチャレンジしてみたい!」という方も少なくないと思いますが、まず、最初にしなければならないのはどのドローンを買うかという選択です。せっかくですから、良い機体が欲しいですが、上を見 […], <人気記事リスト> もくじ1 完全ワイヤレスイヤホンは想像以上に快適2 完全ワイヤレスイヤホンを選ぶときのポイント5つ2.1 接続安定性機能が高いものを選ぶ2.2 音質で選ぶ2.3 つけ心地で選ぶ2.4 ノイズキャンセリ […], 「ドローンが欲しいけれど、1機に10万円も20万円も払うのは高すぎる!」という方におすすめなのがトイドローン。1万円台の手頃が価格で買える機体もあり、個性的が機体も多いため「最初に買う趣味の1台」や「練習用サブ機」として […], もくじ1 初めてドローンを購入する際に見るべきポイント3つ1.1 操作性1.2 カメラ性能1.3 重量2 おすすめのDJIドローン5選を紹介2.1 1.DJI Mini 22.2 2. 上記の主要3資格のうちdja camp・dpa・juidaのどれかで資格取得すれば、プロのドローン操縦士になるための第1歩を踏み出せたといえるでしょう。 しかし、ライバルの操縦士たちに差をつけるためには、以下のような資格を取得するのがおすすめです。 都市部(特に東京都内)はほとんどの範囲が人口密集地域なので、練習は基本的にホビードローンで行うのが良いです。それ以外にも、大きいドローンを購入する前にホビードローンを購入して、実際の操縦感覚を身につけることを推奨します。 ただし、基本的に座学であるため、自分自身でドローンの操縦を行う人にはオススメできません。DJI, DPA, JUIDAの資格は操縦士としての一定の技能を証明してくれます。しかし、ドローン検定に関しては、「知識がある」という認定であるため、持っていたからといってドローン関係者の間で信頼を得られるものではないことに留意しておくべきでしょう。, 空撮業務を行うにあたって、『第3級陸上特殊無線技士の免許が必要』と書かれている方はいらっしゃいますが、その必要性があるシチュエーションは特にありません。, 「普通の機体で普通に空撮を行う分には問題ない」という話をしてきましたが、こちらは特殊な機体を扱う際に必要な免許になります。最近「ドローンレース」という名前で加熱している、FPVのドローンレースに参加するためにはこの資格が必要となります。 「ドローンスクールジャパン」とは、初心者向けのコースから、土木業界向けのドローン3Dマッピング講習、赤外線カメラを使った夜間の人命救助講習などが受講できる、産業用ドローン操縦士の育成・訓練を目的とした学校です。 つまり、「免許は存在しないが民間の資格は存在する」「ただし、民間資格も法的効力は無いので、必ずしも取得する必要はない」というのが改めて結論となります。, ここまでの話をまとめると、「ドローンは誰でも飛行させて大丈夫」となります。民間資格も基本的には必ず取得するべきものではありません。「初めて買ったドローンが届いたから、ちょっと遠出して飛ばしてみようかな」という方でも、免許が必要ない以上法律的には全く問題ありません。 東京都内、大阪などでも本格的なドローン操縦訓練を行えるのは非常に強み。, https://d-pa.or.jp/project/certification/, 団体としては一番古くからあり、業界としても知名度が高いです。一方で、認定のスクールが乱立状態となっており、「講師陣や授業内容」で質の担保少し厳しい現状だと見受けられます。『10時間の飛行時間を授業内で保障』という内容もありますが、実際の所ほとんどドローンに触る時間を設けていない所が多いようです。, ドローンの飛行空域を規制している改正航空法では、以下の3つの飛行禁止エリアが規定されています。この飛行禁止エリアを飛行させる場合、国の機関への申請と許可が必要です。, 上の図のように、これら3つが飛行禁止区域となります。(クリックして頂くと、詳しい説明に飛びます。), ・人口集中地区(DID地区)の上空 まとめ. とはいえドローンを安全にフライトさせることが大前提ですので、やはり最新の情報や改定ルールはしっかりと把握しておきたいですよね。. ドローンを飛行させる場合、趣味であれば免許や資格は必要ありません。 ですが、畑や圃場で農薬散布を行うなど、事業の一環としてドローンを飛行させる場合は産業用マルチローター技能認定に合格し「オペレーター」になる必要があります。 なお、最も気をつける必要があるのは人口集中地区です。都市部ではほとんどの地域が人口集中地区に指定されていますので、気をつけてください。, 日本でドローン飛ばすにあたって、200gという重量の基準は非常に重要です。前項で述べた改正航空法は、200g以上にのみ適応されるからです。それゆえ、ドローンの総重量が200g未満の場合、航空法の適用外になります。 【操縦方法・資格】ドローンを操縦するには? 現在、日本でドローンを操縦するために、必須の免許や資格はありません。 ただし、ドローン関連の民間資格はいくつかあり、ドローンを使う仕事に就きたい場合、持っていると有利に働く可能性があります。 というのも、FPVで使用される電波が5.8GHzであり、この周波数帯は、日本国内では免許が必要になるためです。このアマチュア無線4級はそれに該当します。 ドローンを飛ばすには免許が必要なの?無免許で法律違反になる?こんな不安をお持ちの方に、免許に関わるドローンの法律の知識と、正しい運用の資格を取得する上で厳選された講習の団体の情報を教えます。, DJIインストラクターを中心としたDroneAgentのスタッフが記事を執筆している、FLIGHTS編集部のアカウントです。, ドローンを飛行する上で、日本には「免許」はありません。どなたでもドローンは飛ばすことが可能です。, 免許とは、「官公庁が免許を発行した特定の人が、ある行為を行う許可」のことを指します。免許が必要な行為は基本的に法律で禁止されています。そのため、免許無しでその行為を行うと、無免許として法律違反になってしまいます。 ドローン操縦士回転翼3級. しかし、ドローンには飛行自体を禁止する法律もありませんし、許可を降ろす国の機関もありません。そのため、ドローンには免許が存在しないと言えます。, ドローンには免許はありませんが、民間の発行資格はあります。この民間資格は国として発行しているわけではなく、国土交通省が認定した民間の講習団体が発行したものになります。, 主要な資格の発行を行う管理団体としては、DJI、DPA、JUIDAなどが挙げられます。, これらの団体の下には、さらに多数の講習団体やドローンスクールがあります。法人・個人に対してカリキュラムに沿った講習を行い、一定の水準までトレーニングを行った上で試験を行います。合格すると『認定資格』が発行されます。 ドローンに興味を持ってくださってありがとうございます。 DJI Mavic Air 22. ドローンを操縦するのには特殊な技術が必要で、資格や免許が必要になるのでは?と考える方も多いのではないでしょうか? しかし、実はドローンを操縦するのに資格や免許は必要ありません。 現在日本ではドローンの操縦に関する免許は発行されていません。 そのため、基本的には誰でもドローン操縦を行うことができます。 ただし制約されている部分は多く、それらを守らないと法律違反に該当してしまうケースがあります。 例えば航空法において、ドローンの機体重量が200g未満の場合、「トイドロー … 2019/10/24 追記 ドローンには免許は存在しませんが、資格(民間資格)は存在します。これらの資格はドローンスクールを受講することで修得ができます。今回はドローンの資格にはどんなものがあるのかを調べましたので、ぜひご覧になってください。 ドローンの資格. ドローンに関しては『免許』というものは存在しません。国土交通省が航空法などにもとづき、国からドローン免許を発行するということもありません。ドローンに免許は存在しないのです。 ですが、インターネット上で『ドローン免許』という言葉を目にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。これは何を指しているのかというと、ドローンの民間資格の認定を『ドローン免許』と呼ぶ人もいる、ということです … 資格取得コース MG-1やT20を使用した防除を実施する際は、UTC(※1)が発行する認定証が必要です。� 認定証発行までに60日程度かかりますので、余裕をもった日程で受講ください 。 適性要件 国土交通省認定団体ドローン操縦士協会(dpa)の認定資格です。回転翼航空機の飛行に必要な基礎知識と操縦する基本技術を認定しています。 対象.