が、通常バッテリーの周りは金属物に覆われていることが多いので、安全に作業するために必要な手順ですね。, バッテリーの逆接続後エンジンがかかりません。どなたかご回答お願いします。 バッテリーの充電方法とメンテナンスについてまとめたコラムページです。ジーエス・ユアサ バッテリーは、自動車用バッテリー国内シェアNo1(グローバルシェアNo2)のGSユアサグループ企業です。幅広いラインナップであなたのお車に最適なバッテリーをお届けします。 つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います nboxに於いてエンジンがかからない原因は、バッテリー上がりやスマートキーの電池切れなどが代表的ですが、これら以外にもエンジンがかからない要因が存在します。 最悪の場合は、ガソリンやバッテリーから出ている水素ガスが原因で爆発することだってあります。 たかがスパークと思ってはいけません。 では本題。 車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが、 テストしてエンジンをかけたところ正常にかかったので、そのまま新しいバッテリーに交換しました。 これは大丈夫でしょうか? もちろん火花が出ました。 先程と逆の順番でスパークプラグを交換しました。 . バッテリーはユアサのYTZ10Sです 車のエンジンがかかりづらい原因は様々ですが、バッテリーに問題が無くエンジンのかかりが悪い場合は スパークプラグ に問題が発生している場合もあります。. よろしくお願いします。, ライトエースワゴンはいじったことないんでどうなってるか分かんないですが… 「さすが国産、なんともないぜ」とおもいたいのですが、大丈夫でしょうか?, 大丈夫です。 夕方、充電したバッテリーを装着しましたが、 また、聞いたところでは、エアコンの配管に接触して穴を空け、エアコンをパーにした人もいます。 とりあえず+から付け、-を付けたのですが ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう こる原因と対策, 車のヒューズが切れた! 正しい交換方法は?, ヒューズのアンペア数(容量)の選び方, バッ直とは何か? 初心者向き「バッ直電源取り出し」入門. 車のバッテリーだけじゃなく、スマホなどにも充電できたりして便利。 手順は説明書に記載があるので、しっかり確認して利用してください。 ※自車のバッテリーサイズに見合った最大電流値のものを選び … つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います あと、工具とマイナス端子がえぐれました。, ご回答ありがとうございます。 バッテリー の 電力 を全て 消費 すると エンジン は 停止 します。 オルタネーター が 故障 すると、バッテリーへの電力供給が絶たれエンストの原因になります。 対処や応急処置. メンテナンスフリーバッテリーの場合、ベント・プラグがありませんよね。 大丈夫そうということで安心しました。, 「バッテリー 自動車」に関するQ&A: バッテリー(自動車/バイク用)のホントの寿命は?, ホームセキュリティのプロが、家庭の防犯対策を真剣に考える 2組のご夫婦へ実際の防犯対策術をご紹介!どうすれば家と家族を守れるのかを教えます!, 先ほどバイクのバッテリーを新品で買ったので、交換していました あるでしょうか。 スパークプラグやイグニッションコイルが原因ということは多いけどね。やっぱり消耗部品だし、長く車を乗っていると一度くらいは劣化して調子が悪くなることもあると思うわ。 取替え時によくやる事です。 プラスマイナス逆に接続してしまい、 排気 この4つのサイクルに合わせて、 様々な部品がスムーズに連動することで、 エンジンが安定して高速回転し、 車を走らせることができます。 アイドリングが不安定になってきた場合、 この4つのサイクルのどれか一つ、もしくは、 2つ以上に問題が起きていると考えられます。 … 充電を行う場合は、充電時に発生するガスを放出出来る様にバッテリー本体のバッテリー液充填口(ベント・プラグ)を開ける。 ヒューズが溶断している場合は見ればわかるものでしょうか?, 早々のご回答ありがとうございます。 >どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。 燃焼 4. スパークプラグ、点火コイル、バッテリーなど.  電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、...続きを読む, まったくの電気音痴です。 スローブローヒューズ、通常のヒューズともに取り替えた後にすぐ切れてしまうような場合は、回路のどこかに大きなダメージを受けていると判断し、専門家の手にゆだねることをお勧めします。決して指定された容量より大きな容量のヒューズを使用したり、ヒューズ以外のもので直結するようなことはしてはいけません。更なる回路の破損を招く可能性があるばかりか、場合によっては火災の危険性もあります。, バッテリーを逆接してしまうと、オルタネーター(発電機)や電子制御ユニット(内部のツェナーダイオードなど)がショートしてしまいます。オルタネーターなどの大きな電流が流れる部分には通常のヒューズホルダーとは別にエンジンルーム内(たいていはバッテリーの近く)に少しサイズの大きなヒューズ(スローブローヒューズ)が設けられていますので、そのヒューズが切れていないかを点検してください。もし切れているようであれば必ず同じ定格のヒューズに交換(必ずバッテリーのマイナス端子を外して行うこと...続きを読む, 先日、ワゴン車のバッテリーが上がってしまったので、もう一台の車に繋いでエンジンをかけようとした所、1~2回繋いでもエンジンが掛からないので、おかしいなと思いよく見たら+と-を繋ぎ間違っていました。 工具を溶かし、自動車の部品を溶かします。人体にやけどを負わせるかも知れません。 ウンともスンともいわなくなりました。 これは電気的な理由ではなく、作業的な問題です。 さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む, H9年式、ライトエース・ワゴンに乗っています。 車のエンジンがかからない理由はバッテリー上がりだけではない!原因と対策4選。カーコンビニ倶楽部のイベントについてのご紹介 | 車 修理、車のキズ直し、板金、塗装修理、カーメンテナンスのトータルショップ、カーコンビニ倶楽部のサービス情報。 端子を繋ぐ時に多少出るスパークの火花は、メインスイッチがオフになっていれば、特に気にする事はありません。, 今朝、バッテリー交換時にマイナス端子を外している時、ソケットレンチがプラスに触れてしまいました。  ヒューズはその配線系統に異常があった場合に、その影響が他の系統に及ばないように切り離すのが第一の目的です。(第二の目的は、過剰電流による発熱焼損などの二次災害を防止することです。) 明日にでも確認して見ます。  電子回路では、電源の極性を間違って接続すると、コンピュータを含む電子部品が瞬時にお釈迦になります。それによってその電源系統に異常電流が流れ、ヒューズが飛びます。 「ABS」のランプも点いたまま消えません、「オーバードライブ」も「OFF」ボタンを押すとランプは点くのですが、エンジンブレーキが効かず切り替えが出来て無いような気がします、 さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです バッテリーや車体に悪影響があるでしょうか。, 車体というのは基本的にマイナスですよね。 >どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。 どのバッテリーメーカーも「注意」を呼び掛けていますが・・・。 が、メンテナンスで扱いを誤ると爆発の可能性があります。 +を後にしてしまいました  あなたの考えているヒューズの飛ぶ順序は、逆です。先にヒューズが飛んでコンピュータを壊さないようにするのではなく、コンピュータが壊れて異常電流が流れ、ヒューズが飛ぶのです。ヒューズが飛ぶのは、コンピュータが壊れた結果として起こる現象です。 アース接地不良によるスパーク痕. これは、 アースを母材*1に直接繋げる と解消されます。 ・・・、 …え~と、その…、 インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです 一瞬バチッとなりました。1秒ほどだと思います。 車に詳しい方、教えていただけないでしょうか。, 皆さんの回答どおりですね。私も、車の免許を取って直に、中古車を購入しましたが、バッテリーが一冬越して、夏にアウトで、自分で交換した時と同じです。つないだ時に、チョッとおかしいなと気づいた時には、事すでに遅し。バチバチと云う火花とともに車がお釈迦になりました。電気がショートしてまずはイカれる所と言えば、ヒューズですが、専門のショップにピットインした方が、懸命だと思います。電気関係は、センサーが導入されている部分も多く、ヒューズ以外に、電気系統自体にダメージがあっても分からないケースがあります。念のため点検して、徹底的に悪い箇所を直してもらった方が無難です。修理費はともかく、命を預ける便利な乗り物ですから、素人修理は限界が有ると思います。, タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします, そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です プラスから配線を持ってきて、器機に繋ぎ、車体にアースを取れば回路として成り立ちます。 しかしながらマフラーに負荷はかかると思います -をしっかりした方法で直し 工具が汗ですべり誤ってバッテリー(自動車用)をスパークさせてしまいました。取り合えず、エンジンもかかり一応大丈夫そうなのですが、心配ですので、点検箇所等ありましたら、ご教授くださいm(_ _)mこんにちは。スパークさせたのは一瞬 トヨタのスターレット(EP82)で、整備目的でバッテリーを外し、いざ戻す時あやまってプラスとマイナスを逆に接続してしまいました。すぐに気づき元に戻したのですが、キーをひねると、おそらくスターターからガガガガ(何かががぶつかる音?)と音がし、エンジンがかかりません。エンジンルームの平型ヒューズは切れていないことを確認し、箱形ヒューズは念のためすべて取り換えました。運転席のヒューズも切れていないことを確認したのですが、エンジンはかかりません。キーをアクセサリーの位置まで回すとエンジンチェックランプ等は点灯します。ワイパー。ウィンカー類も動作します。ただ、キーONにすると勝手にラジエーターのファンが回るようになりました。整備工場に持っていくのが早いことは承知していますが、修理に出す前に自分で何とかすることは可能でしょうか?当方よく車はいじるので工具などもそろっています。どなたか解決策をご存知の方、ご回答よろしくお願いします。, 当方は素人なのですが、バッテリーの逆接続ということは頻繁に行っている者なので回答させてもらいますが、そのガガガガという音は、バッテリーの容量が減っているのでは?(エンジンが始動しないうちにいろいろバッテリーを使っているうちに減ったり、元々減っていて、それでガガガガという音がするレベルで留まっているのでは?), こんにちは の順番なのか、原理を知りません。これはどうしてでしょうか。 バッテリー交換作業ミスが原因と推定される車両火災は28件発生しており、その内容を調査すると、 表2-3に示すように、バッテリーの固定用金具の取付けが不適切であったためにバッテリーや固定金 通常、充電時に「プラスチック容器(躯体)内で、水素ガスが発生」するのです。 の 点火そのものを負担する部品たちです。 スパークプラグ. どういうことに気をつければ爆発とか、トラブルを未然に回避することができるでしょうか。特にバッテリーあがりなど時の回復時。 バッテリー・スパークプラグの問題が解決したので、再度挑戦します。 しかし、心配なので… また、 それに気がつかずキーを差し込み回しましたが、 慌てて繋ぎ直した所、エンジンは掛かり普通に走行は出来るようになったのですが、「スピードメータ」と「トリップメータ」は、まったく動きません。 マイナスを外していれば、プラスを触っているときにどこかに接触しても、回路として成り立たないので影響が出ないのです。 ライト類も、全て問題なかったです 着火性の強い場所でG社の携帯電話を使えば、最悪怖い結末です。 通常、充電時に「プラスチック容器(躯体)内で、水素ガスが発生」するのです。 考えられる原因は何でしょうか。 工具が汗ですべり誤ってバッテリー(自動車用)をスパークさせてしまいました。 ※まだ、最悪の状態になった事実はありません。たぶん。 マイナス側が外れてれば、プラスのねじを締めたり緩めたりする工具がフレームに当たってもショーとはしません。 この場合は、(出来れば)メンテナンスフリーバッテリー用の充電器を用います。 別に、そこまで気にしなくても問題ないのでしょうか? 先日、車(日産キューブ)のバッテリーを自分で交換しようと、ホムセンターでバッテリーを買ってつけようとしたのですが、買った時に+と-の位置(RとL)を間違って買ってしまい、気づかずに付けようとしたところ、火花がバッチット光りヒューズが飛んでしまいました。ディラーに連絡すると、持ち帰って詳しく調べて見ないとだめということで、レッカー車で持っていってしまいました。数日後、ディーラーから連絡があったのですが、ヒューズ自体は数百円ですむが、エンジンを制御するコンピューター部分が壊れたので、10万位はするとのことです。(大変ショックです)。そもそも、そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがあると素人は思うのですが、たったコンマ何秒かのショートで10万も修理にかかってしまうのは、なにか納得できません。車に詳しい方、本当にそうなのでしょうか?どなたか教えてください。, 電気電子工学が専門の車好きです。すでに回答があるように「そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがある」と思うのは、ど素人の浅はかな考えです。 スパークプラグは、エンジンの作動と共に噴射された燃料へ火花を飛ばし、 着火 を行う大切な役割を担っています。 車種はCB400SF Spec3です 大韓反日民国に本社があるS社の有名携帯電話Gのバッテリーは、通常充電・使用でも爆発する可能性があります。 ※充電終期には陽極から酸素ガス、負極から水素ガスが発生します。 車種はユーノスロードスター平成2年です。, バッテリーを逆接してしまうと、オルタネーター(発電機)や電子制御ユニット(内部のツェナーダイオードなど)がショートしてしまいます。オルタネーターなどの大きな電流が流れる部分には通常のヒューズホルダーとは別にエンジンルーム内(たいていはバッテリーの近く)に少しサイズの大きなヒューズ(スローブローヒューズ)が設けられていますので、そのヒューズが切れていないかを点検してください。もし切れているようであれば必ず同じ定格のヒューズに交換(必ずバッテリーのマイナス端子を外して行うこと)しエンジン始動してみてください。この時点でエンジンが始動すればとりあえずは一安心です。ただし、このまま乗り続けてはいけません。必ずディーラーや電装整備工場で点検を受けてください。エンジンが掛かったとしても制御ユニットやオルタネーターにダメージが及んでいないとは言えないのです。たとえばオルタネーターの電圧制御回路に異常が発生していると、電圧の制御が効かなくなり、電圧が異常に上昇し正常な部分まで破損させてしまう可能性があるからです。 外したスパークプラグは先端が白くなり、電極も短くなっています。 これでは点火できませんね。 . 自動車の多くは、鉛バッテリーを採用していますよね。 昔は(1950年代)、バッテリーをよくショートさせて、充電してあるかを確かめました。, 車の修理についての質問です。 充電する場所は、日陰で風通しが良く火の気が無い場所。 エンストにはいくつかの原因が存在します。その中で最も分かりやすいのは、ガソリンがなくなってしまった(燃料切れを起こした)ことです。燃料計が正しく作動している車であれば、メーターを目視することで確認できますので判断は比較的容易だといえます。 ガス欠以外でエンストの原因を探る場合、手がかりとなるのは車に発生している症状です。エンジンが止まる前後でどのような現象が起きていたのかを、注意深く観 … 逆に、マイナスが繋がってる時に、プラス側のねじを締めたり緩めたりする時に、間違えて工具が車体などに触れれば、ショートしてスパークを起こし、最悪バッテリーが爆発します。 もし、上記の処理をしてもエンジンが掛からないようであれば、スローブロー以外のヒューズも点検して、切れているものがあれば必ず指定の容量のヒューズと取り替えてください。 実際に、原因となることが多いのは、 この中では、 頻度としては、 スパークプラグでしょうか。 *整備資料より. 躯体内の電極から、水素ガス(泡)が発生している事が分かりますよ。 手順を間違って逆の流れでやってしまった場合、 本の一瞬、バチッとなっただけです。 エンジンは問題なく掛かりました 「ショートする」。車に限らず電気系をいじっているとよく聞くフレーズだが、どういうことなのかをおさらいしよう。改めてショートとは何なのか。その原因を、よくある具体例とともに検証。どうすれば防げるのかがわかる。 ③硫酸(劇物) やけどや失明の原因 引火爆発の原因 ts-010 本資料は、バッテリー充電作業中の爆発を防止するための注意事項と引火爆発の 実例をまとめたものです。 バ 充 硫 が 作 ず 硫酸注意 メガネ着用 取扱説明書熟読 はじめに 引火爆発のメカニズム 圧縮 3. これらはテスターで導通があります。 取り合えず、エンジンもかかり一応大丈夫そうなのですが、心配ですので、点検箇所等ありましたら、ご教授くださいm(_ _)m, 「バッテリー 自動車」に関するQ&A: 自動車バッテリー BOSCHの新製品?, 早々のご回答ありがとうございます。 が、メンテナンスで扱いを誤ると爆発の可能性があります。 バッテリー内に電力供給があれば、エンジン始動は可能です。 その危険性を少しでも回避するために、外す時はマイナスから、付ける時はプラスからとなって居ます。 余談ですが、同じ電池からみで・・・。 エンジンを掛けてみた.  ヒューズはその配線系統に異常があった場合に、その影響が他の系統に及ばないように切り離すのが第一の目的です。(第二の目的は、過剰電流による発熱焼損などの二次災害を防止することです。) バッテリーは、鉛でもリチュウムでも充分注意しましよう。, >車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが マイナス外し → プラス外し → プラス付け → マイナス付け 次に、+のボルトを取って、やり直そうとしたら 少し火花が散りました 回答お待ちしております, 電気的には、どちらから接続しても問題ありません。 絶対的に何所とも接触しないのならどう取り付けても構いません。 電池が高温になり「皮膚火傷」「携帯電話暴走」が、世界各国から報告されています。 マイナスを外すときには、車体等に接触しても回路として成り立っていないので電気は流れません。因って不具合は発生しません。 その際に、間違えて、-を先に直してしまい 走行中の発電機(オルタネータ)からの充電は、自動制御で多くの水素ガスは発生しません。 ケーブルを外す付けるの手順が、何故 バッテリー上がりの原因7つ. これって重症でしょうか? 自動車部品のスパークプラグのイリジウムとは、普通の物と比べて、価格と、質は、どうちがいますか? 躯体にある「ガス抜き穴」で、充分水素ガスを放出する事が出来ます。 車両自体の原因には、 ・電気系 ・燃料系 ・排気管系 電気系の70%が電気配線などのショート(短絡)で、主に配線被覆が過熱し燃えたものです。 例えば、過熱し燃えた配線がバッテリーの近くにあれば、バッテリーに燃え移る(類焼)場合があります。 まず最初に、バッテリーが上がる原因から解説していきます。 カーバッテリーでピンとこない方は、携帯のバッテリーをイメージしてください。携帯の充電、怠るとなくなるので、適宜充電が必要ですよね。 ヒューズボックスの中で30アンペアのものが2個ありますが、 自動車保険の【チューリッヒ】公式サイト。車のエンジンがかからない(かかりにくい・かかりが悪い)原因と対処法をご紹介。ガス欠、バッテリー関連のトラブル(バッテリー上がり)、セルモーターの故障、エンジンの故障、電気系統のトラブルなどの原因が考えられます。 もしなければ、60Aなどの大きい電流の流れるヒューズをもう一度確認してみてください。 不手際に気づき、やり直しました バッテリーに接続するプラス端子の付け根にヒューズらしきものはないでしょうか? ランプ類も点灯しません。 インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね, そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です どうか簡単な原理を教えてください。 バイクのバイクのスパークプラグから火花が出ない(弱い)原因を画像を入れながらわかりやすく解説しています。バイク整備をしてみたいけど分からないという方には最適なサイトです。 それからしっかりとした手順でやり、何も問題なく進んだのですが これらヒューズ群より以前に本元のヒューズみたいなものが プラスを外そうとした工具が、車体のどこかに接触すれば、回路になりますので電気が流れます。制御できない流れですね。 本来は、外す時はマイナスから外し、付ける時はプラスから取り付けます。 バッテリー交換時に、注意するべきはショート。なおバッテリー周りの配線作業をする時でも、ショートの恐れはある。なぜバッテリーをいじる際に、ショートが起こりやすいのか。 これが、もしフレームなどに触った時にどちらが安全なのかと言う順番で手順として決めてある話しです。 ・バッテリー切れ ・スパークプラグ ・ガソリン切れ ・イタズラなどによるホース切断や抜け ・エンジン関係 などです。 ほとんどの場合、スパークプラグに原因があることが多いですね。 バッテリーのターミナルを取り付けるために使う工具は、金属で出来てますね。 バッテリー上がりが原因ではない可能性があります。 通常のバッテリー上がりの場合は、エンジン始動を何度も試みると反応しなくなります。 この場合は、 ・燃料切れ ・燃料ポンプ不良 ・スパークプラグのかぶり などが考えられます。 車で通勤ですので、あしたが思いやられます。 他の、電気系統、メータ類は正常に機能します。 その後、充電を行います。 とりあえず大丈夫そうで安心しました。  修理代に10万円とは、そんなに安いのですか。私は工賃や技術料も含めると数十万円くらいはすると思っていたのですが。, 電気電子工学が専門の車好きです。すでに回答があるように「そのような大事な部分が壊れなようにヒューズがある」と思うのは、ど素人の浅はかな考えです。 まぁ、年に数件「バッテリー充電時に火災」が発生しています。 車のバッテリーを自分で交換したくても、外し方・付け方がわからなく不安な人も多いのでは?自動車のバッテリー交換は簡単にできるものの、バッテリーターミナルの脱着には守るべき手順がある。今回は、バッテリーの交換方法を詳しく解説します。 教えていただけると嬉しいです。, >車のバッテリーには爆発の可能性とか怖いことが書いてありますが >どういうことに気をつければ爆発とか、トラブルを未然に回避することができるでしょうか。 吸気 2. 車とかバイクのバッテリーの交換を自分でやっているのですが、 インナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?. 質問者さまも機械があれば、充電器で充電中のバッテリーを見て下さい。  いかなる場合でも(百万分の1秒という瞬時でも)半導体でできた電子部品には逆に電圧をかけてはいけません。瞬時にお釈迦になります。 アースの接地不良が原因で、ポツポツと焼け跡(スパーク痕)みたいなものが出来ます。 アース接地不良によるスパーク痕. 超簡単に説明すると、鉛の電極を入れたプラスチックの箱に+水で薄めた硫酸を入れた物。 バッテリー交換時にショートさせる原因と、その防止策. 以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう バッテリーはフル充電で、オルタネーターも壊れておらず、セルモーターも問題ないのにエンジンがかからないときは、エンジンに問題があります。そのなかで多いのがスパークプラグの劣化によるもので … 通常は、爆発・破裂する事はありません。 走行中の発電機(オルタネータ)からの充電は、自...続きを読む, バッテリー交換の際にプラスマイナスを逆に接続し、セルを回そうとして気がつき慌ててはずしましたが、その後電気がこなくなりました。ヒューズは見える限りでは切れていません、回復できるでしょうか。 通常は、爆発・破裂する事はありません。 ヒューズを調べたら、イグニションの7.5アンペアのヒューズだけが切れていました。 バッテリー; スパークプラグ; 主にこの2つが疑うべきポイントです。 【経過年数の確認】 や 【排気ガスの匂い】 など、必ずどこかに 原因のヒント があるものです。 急にエンジンのかかりが悪くなると 焦りがちですが、 そういう時こそ ※実際は、存在します。が、バッテリー設置時に充填口を塞いでいます。 アイドリング(エンジン回転数)が不安定になる原因を説明する前に、 まずは、エンジン構造について簡単に説明をしておきます。 エンジンは大きく分けて 4つのサイクルを繰り返して運動しています。 1. が、ナッテリー上がりとか新規充電時など「充電器で充電を行う場合」は多くの水素ガスが発生します。 nboxのエンジンがかからない場合|スパークプラグの不具合が原因となる場合もある. お客様の許可なしに外部サービスに投稿することはございませんのでご安心ください。. 実際に、工具を溶かしたりしたこともありますし、バッテリーターミナルを変形させたこともあります。 原因は、バッテリーが弱まっている。もしくは、スパークプラグの問題が考えられます。 スパーグプラグとは、エンジンを動かす為に必要なパーツ。ガソリンに直接火花を飛ばす火付け役を担っています。 超簡単に説明すると、鉛の電極を入れたプラスチックの箱に+水で薄めた硫酸を入れた物。 私も、エスクードにバッテリー逆接続してしまったことがあり、その時はメインヒューズが切れてしまいました。, ※各種外部サービスのアカウントをお持ちの方はこちらから簡単に登録できます。 それを交換しても直りません。 注意する事に、越した事はありません。 ライトはつきますが、ブレーキランプなどはつきません。 もちろん、過充電をしない事。 バッテリーの充電が完了したら「すぐ」ではなく最低でも「30分」基本は「1時間」おいてから戻すようにしましょう。まだ冷めていないバッテリーをすぐに戻すと、スパークの原因になるからです。 自動車の多くは、鉛バッテリーを採用していますよね。 本当にそうなるのか、どうするとそうなるのかみたことがないので全くわかりません。