5弦ベースの楽譜を4弦ベースで弾くには? レア度☆☆. 5弦ベースについてです 今までは4弦ベースを5年くらいやってたのですが、5弦が必要になったので購入予定です 10万程度で考えているのですが、何がいいのかあるいは何があるのか教えていただきたいです… そこで今回はジャズベース(ジャズベ)とプレシジョンベース(プレベ)の形・ピックアップ・音の違いについて詳しく解説してみたいと思います。, アクティブベースの電池を交換せずにいたらライブ中という最悪のタイミングで電池切れの症状が・・・, 手が小さい人向けのベース?それならショートスケールやミディアムスケールがおすすめです. 今4弦ベースを持ってるけど 5弦ベースに憧れる !. 4弦ジャズベース – 約38mm. 何か 5弦ベースってかっこいい し欲しい!. 5弦ベースとは. こんにちは、ベース講師の和明さん(@KAZUAKI_virgiL)です。Twitterからの質問です。 「初心者がいきなり5弦ベースを買うのは早いですか?」これは非常によく相談をいただく内容です。一般的な4弦のモデルと比べると、値段も高い さて、遭遇率No.1は半音下げチューニングですが、まぁちょこちょこ出喰わす特殊チューニング、, ドロップDに出くわしたら、これまたイメージですが頭振り乱してヘビィに弾いてくださいw, わざわざ弾きやすいようにドロップDにしているのに、ずらすって本末転倒な感じですね。, 超マニアの人は『むむ?ここは本当は5弦のはず!なんでだ!wfqygrqfcあうfcうあ!!!!!』, 人前で演奏するってなっても、普通に聞いてる人は審査員ばり楽譜を見ながらに聞いたりしませんよね。, どこの弦でも、どこのフレットでも、なんの音でも、オクターブの音を探すことが出来ます。, , よっしゃ!半音2つ分下げやな!俺が変換しといたるから、お前さんはいつも通り普通にチューニングしたらええで!そうや!4弦はEにでええんやで!. これ、実際ボクも付けてますけど、キーがDの曲をスラップするときはめちゃめちゃ重宝します。しかも運指が楽です。, 5弦ベースが出始めた頃はちょっと特殊な感じがしましたが、今では全然めずらしくないですし、使ってる人もホントによく見かけます。この調子だと いずれ5弦ベースがスタンダードになる日がやってくるかもしれませんね。, 確かに、Low-BやLow-Cの音が欲しいときもたまにありますけど、そこはポジションを変えるなりDチューナー使うなりして乗り切ってるので、それほど不自由はしてません。, 5弦になじめなかったって言うのが大きいんですが、長時間ベースを背負って移動する自分としては、重いってのも結構ネックでした。, このあたりは使う人の環境によるので何とも言えないですが、買った後に「アチャー失敗した」と後悔しないよう、自身の演奏スタイルや、メリット・デメリットなどをいろいろ比較した上で慎重に選んでくださいね。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 無駄に歴だけは長いアマチュアベーシストです。 5弦ベースは、 基本的に4弦に1本低い弦が足されたイメージになります。 5弦ベースといっても今ではいろんなメーカーから登場してるので 需要が高なってきていると思います。 5弦ベースの選び方 自分が演奏するのも好きですが、人の演奏を観たり聴いたりも大好き。 弦が1本増えるため、構造上ネックが太くなり、それに伴いベース全体の重量が増えます。 そのため、5弦ベースの音質は、4弦の音質に比べて重心の低い独自のサウンドになる傾向があります。 楽器屋の店員さんと話をするときや自分でメンテナンスをするときのために、それぞれの部位や部品の名称を覚えておきましょう。 ルイス・ジョンソン的なE弦をバンバカ叩くような奏法はちょっとキビシイ。, 1本弦が増えただけなんだけど、どうやってミュートしようか結構悩みます。 さらにこのナットの素材や仕上がりが、楽器の出音を左右すると言っても過言ではありません。 比較的ボディーが小さめの5弦ベースもあるので一概には言えないですけど、ジャズベースタイプの5弦とかって なかなかのデカさです。, 最近は5弦のニーズにともないラインナップも増えてはいるんですが、でもやっぱり4弦に比べると選択肢が少ないのは否めません。, ここまで5弦と4弦の違いについて書いてきました。繰り返しになりますが、5弦を選ぶ最大の理由は4弦よりも低い音域が欲しいからですよね。, 5弦にすることによって増える音は5つ。 一般的なベースはたいてい4弦ですが、中には5弦や6弦といった多弦ベースをお使いの方もいらっしゃいますよね。 当たり前のことではありますが、弦をセットで購入する場合、セットに入っている弦の本数についてしっかり確認しておきましょう。 コントラバスは、その太く低い音が特徴的である。 現在の一般的な調弦は、4弦の場合、高い方から中央ハの1オクターブと完全4度下のト(g、ソ)、以下完全4度ごとにニ(d、レ)、イ(a、ラ)、ホ(e、ミ)であり、それぞれ、第1弦=g線、第2弦=d線、第3弦=a線、第4弦=e線と呼ばれる。 弦と固定するというという比較的シンプルな役割ですが、そこには各メーカーのアイデアやこだわりがぎっしり詰まっています。 通常の4弦ベースで最も低い音は4弦の開放、Eですが、 ローBを張った5弦ベースではさらに下のBまで音域が拡大されます。 ベースは通常4弦 (E-A-D-G)ですが、5弦ベースだと最低音であるEよりも5フレット分音が低い「Low-B」音弦を付加する事が出来ます。 最近はRADWIMPSの武田さん等、5弦ベースを用いたベーシストも増えており、バンドスコアでも目にする機会は増えています。  ↓ 今回はその代表的なブリッジをご紹介していきたいと思います。, ベースのピックアップは大きく分けて2種類。シングルコイルとハムバッカー(ハムバッキング)。聞いたことありますよね。でもイマイチ違いが分からないという方も多いのでは。 憧れのアーティストと同じ演奏をしたい、4弦では対応できない曲を弾きたいという時に活躍する5弦ベース。必要だけど種類が多すぎてどれを選んだら良いか迷ってしまっている方もいるのではないでしょうか。今回は選び方やおすすめ商品をランキング形式でご紹介していきます。 というわけで今回は4弦ベースと5弦ベースの違いについて詳しく説明したいと思います。, 4弦ベースは弦が4本、5弦ベースはプラス1本の計5本。早い話、弦の本数が違うだけです。, 通常は低い方のB弦(ローB)が追加されてるんですが、高い方のC弦(ハイC)を追加した5弦や、両方追加した6弦というのもあります。, エレキベースはウッドベース(コントラバス)をもっと手軽に演奏出来るように考えだされたもの。, もともとウッドベースの弦が4本だったので おのずとエレキベースも4弦として開発されたんですが、もっと低い音を出したいというニーズに応えた結果 5弦ベースが誕生したわけです。, 「じゃあ5弦の方がいいんじゃないの」と考えるも、それがそう単純なものでもないんですよね。, 最近は5弦ベースでレコーディングされている曲も多いため、4弦では出せない低い音が結構出てくるんですが、それを4弦ベースでコピーしようとすると 音を置き換えたりダウンチューニングで対応しないといけないなど、面倒だし限界もあります。, あと、ベースって半音下 もしくは1音下からのアプローチをよく使うんですが、キーがEでもそれが出来るって言うのはありがたいです。, 最初の頃は「ネックが太くて ダサいなー」と思ってたんですが、見慣れたせいか最近では逆に立派に見えるんですよね。, ペグや弦が多いのもあると思うんですが、5弦ベース見てから4弦ベース見ると何となく物足りなく見えてしまいます。, 弦が1本増えた分、ポジション移動が少なくて済みます。また、通常は5弦ベースのほうが弦間が狭いので左手は若干楽。, ※4弦と同じ感覚で弾けるよう、弦間を4弦と同じにしているものもあります。(その分ネックは太くなる), もちろんモノにもよるんですけど、同じメーカーの同シリーズならざっと1~2割くらいは割高になる感じですかね。, もともと高いベースの弦がさらに高くなります。大体3割増くらい。頻繁に弦交換する人にとってはキツい。, せっかくの5弦ベースなのに、大半の曲は4弦で弾けてしまうため、5弦(B弦)がただの指置きと化す。まあこれはこれで便利ではあるんですけどね。, メリットのところで「運指が楽になる」って書いたんですが、ネック幅が広くなるので、手が小さい人や 握り込んで弾くスタイルの人はちょっとシンドイかも。, 弦間が狭くなるのでサムピングで他の弦を叩いてしまう可能性が高くなるし、プルのときも弦に指を潜り込ませにくくなる。 4弦プレシジョンベース – 約42mm. など、5弦ベースに興味がある方は多いと思います。 また、 初心者だけど最初から5弦ベースを買って良いの? という人もいるでしょう。 ベースを弾く前に4本の弦を規定の音に合わせる必要があります。これをチューニングといいます。歌に例えると、どんなにいい声をしていても音程が外れていると、聴き苦しい歌になってしまいますよね? 同じく「 」も開放弦です。4弦を表しているので4弦0フレット、または4弦の開放弦です。この4弦の開放弦が、4弦ベースでの最低音となります。1弦から4弦の開放弦を上手く使うことによって、エレキベースの演奏も楽になったりします。 ベースを始めた頃は寝食を忘れるくらいのめり込みましたが、最近はゆるーいベースライフ楽しんでいます。, ベースのドロップDチューニングのやり方って知ってます?今は必要なくても やり方を覚えておいて損はありません。 ここではベースのドロップDチューニングの仕方を、チューナー・実音・ハーモニクスなどを使って詳しく説明しています。 あと、簡単にドロップDにできるペグの紹介もあります。, ベースはいくつかのパーツによって作られています。 10%以上幅が広くなります。 ネックが太くなる、ということはネックの体積が増えるということ … 5弦ベースを買う時に、思い出してください。 私も、協力してくれた27名のベーシストも メリットとデメリットを受け止めた上で5弦を使い続けています。 【5弦ベーシストに質問・27名の実際の回答】 1、最初から5弦だった? B・C・D♭(C♯)・D・E♭(D♯), こう書いちゃうと「うーん、やっぱ4弦でいいか」って思うかもしれないですが、ボクは5弦推奨派です。, 出始めの頃に比べると楽器としてのクオリティも上がってますし 値段もかなりこなれてきましたしね。, 最近の音楽シーンでも多弦ベースは多く使われるようになってきているので、4弦ベースだとコピーするときに「音が足りない」というストレスを感じる機会が増えてくる可能性は大。, むしろ「とりあえず初心者のうちは4弦にしておいて、いずれは5弦」と考えているのであれば最初から5弦を選んでおく方が、持ち替えたときの違和感を感じなくてすみます。, と言うのも、実はボク自身 一応5弦ベースのユーザーでもあるんですが、ずっと4弦を長く使い続けてきたたせいか、未だになじめないんですよね。。。 5弦ベースは、4弦ベースにさらに太い弦を1本足したベースになります。 これによって、低い音域が大幅にプラスされるので、低音の幅が広がります。レギュラーチューニングの場合では、以下のようになります。 長時間のライブや激しいパフォーマンスをする人は結構キツいはず。これで腰痛になる人もいるくらいなので侮っちゃだめです。, 同じモデルで比べた場合、やっぱり4弦より5弦のほうが大きいので、小柄な人だと見た目のバランスが悪くなります。 もともとウッドベースの弦が4本だったので おのずとエレキベースも4弦として開発されたんですが、もっと低い音を出したいというニーズに応えた結果 5弦ベースが誕生したわけです。 低音側に1弦増やしてあり、通常の最低音である4弦解放のミ(E)より下を出せるようにしたものです。 第5弦はシ(B)に調弦することが多く、シからレ#の分だけ4弦ベースよりも低い音が出ます。 ベース弦. 特にノリのいい曲を聴くと身体がウズウズしてきます。 バンドスコアも5弦用で書かれていたりしますからね。, 「重さやコストの事を考えると4弦がいいんだけど、たまにEより低い音が欲しいときもある。かと言って その都度ダウンチューニングするのは面倒。」, HipShot(ヒップショット)ってメーカーが販売してるBass Xtender(通称Dチューナー)というのがあって、これを取り付けることで4弦解放のEの音をワンタッチでドロップDに出来るという優れものなんです。, 名前は「Dチューナ」ですが、お好みによってCでもE♭でも調整可能。 あなたのベースは弦が何本ある?4本?それとも5本? たいていの人は4本だと思うから、4弦ベース用の弦セットを買えばおーけー。 けれどもし5弦ベースを使っているなら、5弦ベース用の弦セットを買おう … ベースの弦を正しい音程にあわせる作業をチューニングと呼びます。具体的には、楽器のヘッド部分に付いている「ペグ」というパーツを回し、弦にかかっている張力を変えることにより音程をあわせていきます。ペグを時計周りに回し弦を緩めるとと音程が下がり、半時計周りに回し弦を締めると音程が上がるものが多いです(まれに逆のものもあります)。 ちなみにチューニングのときに用いられるEやAやCなどのアルファベットは、そもそも何を意味しているものなのでしょうか。これは色々な高さの音に … またベースを購入する前の予備知識としても、知っておくと役に立ちますよ。, ナットは、ベースやギターで使われているパーツの中でもかなり重要な役どころを担っています。 パッと見は同じでもよく見るとちょっと違う部分があるんです。, ベースのブリッジというパーツは、デザインや弾きごこち、音質などを左右する需要なアイテム。 SCRAMBLESのベーシストNori-Pです。世の中の多くの人はベース=弦が4本と認識する方が多いと思います。しかし昨今の音楽ジャンルの多様化に伴いベースもさらに広い音域が求められるようになり、5弦ベースや6弦ベースといった『多弦ベース』を見る機会が多くなってきました。 今回は5弦ベースの楽曲を4弦ベースで弾く方法についてです。 はじめに、5弦のチューニングについてですが、一般的にb(シ)という音にチューニングされていて、5弦5フレットは4弦0フレットの音とまったく同じ音になります。 というわけで今回は、シングルコイルピックアップとハムバッカー(ハムバッキング)ピックアップについてのお話です。, ベースの二大巨頭といえばジャズベースとプレシジョンベース。でもパッと見よく似てるし、あまり違いがよくわからないって方も多いはず。 多弦ベースのチューニング 5弦ベース. 長らく4本の弦を張るのが標準仕様とされてきたエレキベースですが、弦の本数を増やした「多弦ベース」も増えてきましたね。 特に5弦ベースは、人気バンドのバンドスコアを開いても目にする機会が多い … 5弦は親指を置いとけばいんだけど、他の弦がね。, ネックは太くなるしボディも大きくなる。弦やペグも増えるしブリッジもデカイ。トータルすると結構な重量増し。 一番細い弦を「1弦」、そこから一つ太くなるに従い「2弦」「3弦」「4弦」「5弦」と言います。レギュラーチューニングではそれぞれ以下の通りの音にチューニングします。4弦ベースの場合は5弦は無視してくださいね。 今回はベースやギターで使われているナットの素材や種類をご紹介します。, ベースにはアクティブとパッシブがあるのはご存知の通り。でもその見分け方となると「よーわからん」って方も多いはず。 ベースの指板で0フレット(開放)〜12フレットまで、1弦から4弦までの各ポジションの音名を次の画像にまとめました。 各ポジションの音が覚えられていない間はこういった画像をヒントに音の確認をしてみると良いでしょう。 覚え方のコツ 4弦ベースがそれぞれ高いほうからg,d,a,eの音程から始まるのに対して、 5弦ベースはそれに加えてもう一本、 bから始まる第5弦 が取り付けられています。 つまり、4弦ベースでは最低音がeまでだったのに対してさらに低いbまで出せるようになり、 良いサウンドをゲットするには、自身のプレイスタイルにフィットする弦探しから!1セット550円と衝撃特価を実現したplaytechをはじめ、daddario、ernieball、elixir、fenderなどの定番ブランド弦も毎日スペシャルプライスでご提供! チューニング構成音:【太】5b-4e-3a-2d-1g【細】 4弦のeよりも低いbを5弦に追加したベースです。この5弦目のbは low b とも言います。 よりへヴィーな音を出したい時や音域を広げるために使われます。 6弦ベース 5弦ベース(ごげんベース)とは、主にアコースティックベース及びエレクトリックベース(エレキベースギター)のバリエーションの一つ。. 5弦ジャズベース(Xotic XJ-1T) – 約47mm . 5弦ベース。 一般的な4弦ベースの低音側に5弦をつけたベースです。解放弦を鳴らすとBの音になります。 脱初心者から中級者くらいの方において、この5弦ベースを持つべきか持たざるべきか迷っている人、結構いるようですので、今回、考え方を整理してみようと思います。 これもよく質問いただきます。 もちろん5弦ベースを持ってたら、楽譜通りそのまま弾けるんですけど、 4弦ベースって方のほうが実際多いかと思います。 『え?じゃあ弾けないの?』 大丈夫!弾けます! コストパフォーマンスに優れたbacchusの5弦ベース。限定生産のエキゾチックな木目が目を惹きます。トラディショナルなボディシェイプで、4弦からの持ち替えでも違和感が少ないです。 重量: 約4.4kg: 特徴・備考: トラスロッド余裕あり。フレット残量8割程度。 弦が1本増えただけなのに運指のミス連発、情けないです。, まあこれはボクが不器用なだけで、いろんなベースを弾きこなす人もたくさんいるのであまり参考にはならないかもしれません。, 5弦ベースが存在しなかった頃の曲、たとえばビートルズやクイーンなど、比較的昔の曲を中心に演奏するなら4弦ベースで問題無し。むしろ見た目も含めて4弦の方がそれっぽくてGOOD。, 逆に最近の曲や、お気に入りのベーシストが5弦ベースを使っているようなバンドのコピーをやるなら、そりゃあもう5弦を選んでおく方が正解。 そこで今回はアクティブベースとパッシブベースを見分ける方法をご紹介したいと思います。