�\�P�|�T�`�����Q�Ɖ������B, ��100-0011 �����s���c����K��2-2-3 ����J���ۃr��6F �A�N�Z�X�}�b�v �E�o���ɂ‚��ẮA���ʁA���ʁA��ʂ̂R���肪����܂��B 県:推計人口調査(年報)、全国:人口推計(概算値) (H37) 33.3% 30.3% 21位 国立社会保障・人口問題研究所 熊本県:日本の都道府県別将来推計人口(h25.3月推計)、 全国:日本の将来推計人口(h24.1月推計) ③ 後期高齢者(75歳以上口) このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 �E���ېl���ړ��ɂ‚��Ẳ���͂P�‚ł��B���������{�l�ƊO���l�ɕʁX�̉����ݒ肵�Ă��܂��B 都道府県別将来推計人口. シナリオ推計 国立社会保障・人口問題研究所『日本の将来推計人口(平成29年推計)』-1.5-1.0-0.5 0.0 0.5 2015 2020 2025 2030 2035 2040 2045 2050 2055 2060 2065 (%) 2065年の合計出生率=2.2 2035年の外国人入国超過50万人 本推計(出生・死亡中位) 6 �@�e�퓝�v�\���G�N�Z���`���i.xls�j�Ń_�E�����[�h���邱�Ƃ��ł��܂��B, �P�`�X�̐��v�o���G�[�V�������ƂɁA����28(2016)�`����77(2065)�N�����l���Ɋւ��鐄�v���ʕ\����� ... 詳細結果表一覧 日本の将来推計人口(平成29年推計)詳細結果表 ... ・将来推計人口は、将来の出生、死亡、国際人口移動に関する以下の仮定に基づいて算出されています。 〒100-0011 東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビル6F アクセスマップ 電話:(03)3595-2984 / Fax:(03)3591-4816 ※新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑み、お問い合わせは、できるかぎりWebフォーム. �d�b:(03)3595-2984�@�^�@Fax:(03)3591-4816. �d�b:(03)3595-2984�@�^�@Fax:(03)3591-4816. このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 国立社会保障・人口問題研究所編 = National Institute of Population and Social Security Research. �E���S�ɂ‚��Ă��A���ʁA���ʁA��ʂ̂R���肪����܂��B 国立社会保障・人口問題研究所の「日本の将来推計人口(平成29年推計)」では、今後も日本の人口は減少し続け、2053年には1億人を割って9,924万人となり、2065年には8,808万人になるものと推計している(出生中位推計)。 Copyright 2010 National Institute of Population and Social Security Research. 平成15年12月推計 , 平成20年12月推計. 国立社会保障・人口問題研究所編. �P�`�X�̐��v�o���G�[�V�������ƂɁA2016�`2065�N�̓��{�l�l���Ɋւ��鐄�v���ʕ\�����2066�`2115�N�̎Q�l���v���ʕ\�i���������v�j��, �\�P�P-�Q�D�����̔N��e�Εʏo��������э��v����o�����i�R����j, �\�P�P-�R�D���v����o�����̐��ځi���{�l�����̏o���Ɍ��肵�����j�i�R����j, �\�P�P-�T�D�j���ʕ��ώ����i�o�����̕��ϗ]���j�̐��ځi�R����j, �\�P�P-�P�Q�D�j���A�N��ʍ��Јٓ��ɂ��@���{�l�l���̏�����, �����\�P�D���l��,�N��R�敪�i0�`14��,15�`64��,65�Έȏ�j�ʐl������єN��\���W���F1947�`2015�N, �����\�Q�D�j���C�N��C�z��֌W�ʐl�������F1950�`2015�N, �����\�R�D�o���C���S����ю��R�����̎����Ȃ�тɗ��F1947�`2015�N, �����\�S�D���ʏo��������яo������F1947�`2015�N, �����\�U�D���o�o��������ђ��o�łȂ��q�̐��F1947�`2015�N, �����\�V�D����������ѕ��ύ����N��F1950�`2015�N, �����\�W�D�N���ʏ��q�̐l���Đ��Y���F 1947�`2015�N, �����\�X�D�����̔N��i�e�΁j�ʏ������F1947�`2015�N, �����\�P�O�D�����̔N��i�e�΁j�ʏo�����F1947�`2015�N, �����\�P�P�D�����̃R�[�z�[�g�ʗݐϏo�����F1947�`2010�N, �����\�P�Q�D�j���ʓ���N��̕��ϗ]���F1955�`2065�N, �����\�P�R�D�j���ʓ���N��܂ł̐���������ю������ʐ��F1955�`2065�N, �����\�P�S�D�j���C���{�l�E�O���l�ʓ������ߐ��F1960�`2015�N, �����\�P�T�D�j���N��ʓ������ߐ�����ї��F2015�N, �����\�P�U�D���A���v�ɂ���v���̑��l���F1950�`2100�N, �����\�P�V�D���A���v�ɂ���v����65�Έȏ�l�������F1950�`2100�N, �����\�P�W�D���A���v�ɂ���v���̍��v����o�����F1950�`2100�N, �����\�P�X�D���A���v�ɂ���v���̍��v����o�����F1950�`2100�N, �����\�Q�O�D���B�A�����v��(EUROSTAT)���v�ɂ���v���̑��l���F1960�`2080�N, �����\�Q�P�D���B�A�����v��(EUROSTAT)���v�ɂ���v����65�Έȏ�l�������F1960�`2080�N, �����\�Q�Q�D���B�A�����v��(EUROSTAT)���v�ɂ���v���̍��v����o�����F1960�`2080�N, �����\�Q�R�D���B�A�����v��(EUROSTAT)���v�ɂ���v���̕��ώ����F1960�`2080�N. 新将来人口推計の基本枠組みと基準人口 推計の枠組み(コーホート要因法) ・推計期間:2016~2065年(参考推計期間2066~2115年) ・対象:外国人を含め、日本に常住する総人口(国勢調査の対象と同一定義) ※ 実績と将来推計の人口動態率を連続的に観察できるよう、日本人人口に限定した ���V�N�i65�Έȏ�j�l���܂��͔N���i�O�`14�΁j�l�������l�̐��Y�N��l���i15�`64�΁j�Ŏx���邩���������l�i�u���ݕ}�{�w���v�j�� 日本の将来推計人口. 所蔵館50館 �@�e�퓝�v�\���G�N�Z���`���i.xls�j�Ń_�E�����[�h���邱�Ƃ��ł��܂��B, ���l���s���~�b�h�̍쐬�ɂ́A�\�P�|�X�i�e�΁j�܂��͕\�P�|�X�`�i�T�ΊK���j�������p�������B 国立社会保障・人口問題研究所は「日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)」をまとめました。この推計は、将来の人口を都道府県別・市区町村別に求めることを目的としたものです。 国立社会保障・人口問題研究所 2007.3-人口問題研究資料 / 国立社会保障・人口問題研究所 第315号, 第319号, 第326号, 第327号, 第336号, 第337号. 国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年2月推計)」(中位推計) ※ については、出生率に基づき将来の出生数を計算)による。 2060年の合計特殊出生率は1.35、平均寿命は男性84.19年、女性90.93年 第二に、東京圏と地方の人口不均衡が限界に達する。地方では2040年には高齢人口も減り始め、2025年よりも高齢者が減少する県が21に及ぶ(国立社会保障・人口問題研究所、日本の地域別将来推計人口、2018年推計、以下同じ)。 国立社会保障・人口問題研究所 日本の将来推計人口を公表 2053年に1億人割れ、2065年の高齢化率38% 出生率が上昇、 平均寿命も伸長 厚生労働省の外郭団体である国立社会保障・人口問題研究所は4月10日、「日本の将来推計人口」を公表しました。 国立社会保障・人口問題研究所は30日、2060年の人口が8674万人まで減るとする 「日本の将来推計人口」を公表した。 10年の1億2806万人に比べ、50年間で4132万人(32.3%)の減。 �@�� �o������̉���́A�Œ�l�i����100�ɑ΂��Ēj�� 105.2 �j�ł��B, ��100-0011 �����s���c����K��2-2-3 ����J���ۃr��6F �A�N�Z�X�}�b�v 日本の将来推計人口(平成29年推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表しました。 参考表1 出生中位(死亡中位)推計 (2066~2115年) 【総人口】 参考表1-1 総数,年齢3区分(0~14歳,15~64歳,65歳以上)別総人口および年齢構造係数 日本の将来推計人口(平成24 年1月推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成22 年国勢調査の人口等基本集計結果、ならびに 同年人口動態統計の確定数が公表されたことを踏まえ、これら最新実績値に基づいた新た な全国将来人口推計を行った。 概要を表示 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年 国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表 しました。 ���V�N�i65�Έȏ�j�l�������i������j�̐��ڂ͕\�P�|�P �����Q�Ɖ������B 5年ごとの国勢調査(平成27年調査)の結果を受けて、これを出発点とした日本の将来の人口推計を国 立社会保障・人口問題研究所が実施。(概ね5年に1度実施。今回は戦後で15回目) 今回の推計では、近年の30~40歳代の出生動向の改善等を反映し、出生率の仮定は前回推計(平成 出典:総務省統計局「国勢調査」、国立社会保障・人口問題研究所「日本の地域別将来推計人口(平成30年3月推計)」 ・香川県の人口は、平成11(1999)年の約103万人をピークとして減少に転じ、平成30(2018)年の人口は約96万人 �\�P�|�P�@�@�����C�N��3�敪�i0�`14�΁C15�`64�΁C65�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �\�P�|�Q�@�@�����C�N��4�敪�i0�`19�΁C20�`64�΁C65�`74�΁C75�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �\�P�|�R�@�@�����C�N��4�敪�i0�`17�΁C18�`34�΁C35�`59�΁C60�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �\�P�|�S�@�@�����C���N��敪�i70�Έȏ�C80�Έȏ�C90�Έȏ�C100�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �\�P�|�T�@�@�l���̕��ϔN��,���ʐ��N���єN��\���w���i���l���j, �\�P�|�TA�@�N���l������јV�N�l���ɑ΂�����ݕ}�{�w���i���l���j, �\�P�|�U�@�@�����Ȃ�тɔN��3�敪(0�`14�΁C15�`64�΁C65�Έȏ�)�ʑ��l���̑���������ё������i�P�N�j, �\�P�|�V�@�@�����Ȃ�тɔN��3�敪(0�`14�΁C15�`64�΁C65�Έȏ�)�ʑ��l���̑���������ё������i�T�N�j, �\�P�|�W�@�@�o���C���S����ю��R�����̎����Ȃ�тɗ��i���l���j, �\�P�|�XA�@�j���N��5�ΊK���ʐl���i���l���j�i�T�N���j, �\�P�|12�@ �j���N��4�敪(0�`14�΁C15�`64�΁C65�`74�΁C75�Έȏ�)�ʎ��S���i���l���j, �Q�l�\�P�|�P�@�@�����C�N��3�敪�i0�`14�΁C15�`64�΁C65�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �Q�l�\�P�|�Q�@�@�����C�N��4�敪�i0�`19�΁C20�`64�΁C65�`74�΁C75�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �Q�l�\�P�|�R�@�@�����C�N��4�敪�i0�`17�΁C18�`34�΁C35�`59�΁C60�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �Q�l�\�P�|�S�@�@�����C���N��敪�i70�Έȏ�C80�Έȏ�C90�Έȏ�C100�Έȏ�j�ʑ��l������єN��\���W��, �Q�l�\�P�|�T�@�@�l���̕��ϔN��,���ʐ��N���єN��\���w���i���l���j, �Q�l�\�P�|�TA�@�N���l������јV�N�l���ɑ΂�����ݕ}�{�w���i���l���j, �Q�l�\�P�|�U�@�@�����Ȃ�тɔN��3�敪(0�`14�΁C15�`64�΁C65�Έȏ�)�ʑ��l���̑���������ё������i�P�N�j, �Q�l�\�P�|�V�@�@�����Ȃ�тɔN��3�敪(0�`14�΁C15�`64�΁C65�Έȏ�)�ʑ��l���̑���������ё������i�T�N�j, �Q�l�\�P�|�W�@�@�o���C���S����ю��R�����̎����Ȃ�тɗ��i���l���j, �Q�l�\�P�|�X�@�@�j���N��e�Εʐl���i���l���j, �Q�l�\�P�|�XA�@�j���N��5�ΊK���ʐl���i���l���j�i�T�N���j, �Q�l�\�P�|11�@ ��̔N��5�ΊK���ʏo�����i���l���j, �Q�l�\�P�|12�@ �j���N��4�敪(0�`14�΁C15�`64�΁C65�`74�΁C75�Έȏ�)�ʎ��S���i���l���j. 国立社会保障・人口問題研究所編. Copyright 2010 National Institute of Population and Social Security Research. 石川県の将来推計人口 (平成30年国立社会保障・人口問題研究所推計) この将来推計人口は、平成27(2015)年の国勢調査を基に、平成57(2045)年までの30年間 について推計した「日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)」(国立社会保障・人口問題研究 All rights Reserved. 国立社会保障・人口問題研究所. ����78(2066)�`����127(2115)�N�̒����Q�l���v���ʕ\���ȉ��Ɍf�ڂ��Ă��܂��B, �E�������v�l���́A�����̏o���A���S�A���ېl���ړ��Ɋւ���ȉ��̉���Ɋ�Â��ĎZ�o����Ă��܂��B 国立社会保障・人口問題研究所 2004.3-人口問題研究資料 / 国立社会保障・人口問題研究所 第310号, 第321号. 国立社会保障・人口問題研究所 1997.4 特別研究報告資料 = Report on special study project / 厚生省人口問題研究所 第14号 . 国立社会保障・人口問題研究所 2002.9 人口問題研究資料 / 国立社会保障・人口問題研究所 第306号. 国立社会保障・人口問題研究所編集. All rights Reserved. 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を … 日本の地域別将来推計人口 国立社会保障・人口問題研究所編 (人口問題研究資料 / 国立社会保障・人口問題研究所, 第330号) 国立社会保障・人口問題研究所, 2013.12 [公文書版] 平成25年3月推計 から送信していただけますようお願いいたします。 平成14年3月推計 出典:国立社会保障・人口問題研究所 日本の地域別将来推計人口(平成30年推計)より試算 1-1.人口及び年齢構成の推移と将来推計(岩手県) 岩手県の総人口は減少し続ける見込みである。 日本の将来推計人口(平成18年12月推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成17 年国勢調査の第一次基本集計結果、ならびに 同年人口動態統計の確定数が公表されたことを踏まえ、これらに基づいた新たな全国将来 人口推計を行った。 将来推計人口・世帯数; 日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計) ... 国立社会保障・人口問題研究所 担当:人口構造研究部 電話 03-3595-2984(代表) 内線4460,4461,4464 国立社会保障・人口問題研究所.