2017年2月19日 [1990-1999年, ドラマ, ファンタジー, 洋画] 公開日:1996 グリーンマイルを視聴できるサービスで特におすすめはu-next。 u-nextは初回登録に限り、31日間の無料トライアルが利用できます。. 『グリーンマイル』(The Green Mile)は、1999年のアメリカ映画。ジャンルはドラマ。. あらすじ. 本企画は、TSUTAYAプレミアムを利用して1日1本映画を鑑賞し、その記録を予想と感想を交えてお伝えしていくものである。, 明日いよいよ公開初日を迎える『ドクター・スリープ』が、あの『シャイニング』の40年後を描いた作品ということで話題を集めていることから、スティーブン・キング関連の作品をチョイス。スティーブン・キング原作の映画といえば、大ヒット公開中の『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』や、2020年1月17日公開予定の『ペット・セメタリー』など、話題作が目白押し。どれだけ映画化されているのか気になって調べたところ、最近刊行されたスティーブン・キング本によると、映画は65作品ほど作られているとのことだった。ドラマ化作品も合わせればもっとあるだろうから、なかなか驚きの数字と言える。, そんな中で選んだ本作は、少し前の作品だが、『ショーシャンクの空に』で知られるフランク・ダラボン監督がメガホンをとり、トム・ハンクスが主演を務めるなどすきのない布陣に期待が高まる。ホラーだけじゃない感動の名作という声を多数見聞きしたが、実は今回が初見。“不朽の名作”のお手並みを拝見したい。, 刑務所の看守主任を務めるポール(トム・ハンクス)の仕事は、「グリーンマイル」と呼ばれる通路を通り電気椅子に向かう受刑者に、安らかな死を迎えさせてやることだった。ある日、双子の少女を殺害した罪で死刑囚となった黒人の大男、コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)が刑務所に送られてくる。すると、コーフィは不思議な力でポールが患っていた病気を治すなど交流を深めていく…。, 鑑賞を終えての率直な印象は、実に絶妙なバランスの上に成立した作品ということ。スティーブン・キング原作なので、ホラー要素が満載なのだが、演出などの見せ方を少しでも間違えれば、それこそ単なるホラーものになってしまっていただろう。それも“B級”という、実にホラーものらしいものに。, ところが、だ。特別な力というモチーフを、ホラーに始まりファンタジーへと様相を変え、そして見事な感動的なストーリーとして描き出されていた。これは脚本も務めたフランク・ダラボン監督の手腕が光っている。まさに前評判通りだった。こういう事例は少ないだけに、名作の名作たるゆえんの一端を見た気がする。, 力の入った熱演を見せてくれるのがトム・ハンクスの魅力とはいえ、それが作風に合わないことも多々あるが、今作ではいい具合に力が抜けているように見え、物語へとグッと引き込んでくれる。, またコーフィ役のマイケル・クラーク・ダンカンが実にいい。筋肉質で大きな体なのだが、どこか繊細さが見え隠れし、何よりも温かさをにじませる瞳と優しい声が役どころとマッチ。特別な力を持つ男にぴったりだ。そんな彼が善人だと描き続けることでより感動色強め、その後のドラマティックな展開に涙腺が刺激される自体へと誘ってくれる。, 尺は長めだが中だるみしないのも好印象。ただ、ちょっとストレート過ぎるストーリーは“優等生”さが少し鼻につく部分も。作り手の熱すぎる思いは十分すぎるほど伝わってくるし、とてもまとまったいい作品だが、やや自己主張が強めに感じてしまうし、ちょっと手堅く行き過ぎた感も否めない。とはいえ、今まで見ていなかったのはなぜだろうと感じてしまうほど、いい作品だったことは疑いようがない。面白かった。, とことん嫌なヤツであるパーシー。彼を演じたダグ・ハッチソンの演技はお見事! 最高に嫌なヤツというのは、物語を盛り上げる絶妙なスパイスとなってくれる。それもまた素晴らしい才能だと言える。, 【製作年】1999年 1900年代初期、死刑囚だけがいる独房で看守を務めるポール(トム・ハンクス)の元に一人の男がやってきた。名前はジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)。大柄な黒人で知能は低く幼い少女を二人惨殺した罪に問われ、死刑が確定していた。心穏やかなジョンだったが、ポールの同僚で知事の息子であるパーシー(ダグ・ハッチソン)からひどい扱いを受けていた。またパーシーは自分の立場を利用し、他の看守たちにも暴力的な態度を取っていた。死刑とはいえ、最後まで罪人たちを人 … グリーンマイルの概要制作:2000年 アメリカ監督:フランク・ダラボン出演:トム・ハンクス、デヴィッド・モース、バリー・ペッパー 、他グリーンマイルのあらすじグリーンマイルのみんなの感想ネタバレなしこの映画を初めて見た時、コーフィー(マイケ こんな人におすすめ fa-check映画「グリーンマイル」系が好きな人 fa-check泣ける、感動する映画をお探しの人 fa-checkあれこれ迷いたくない人~厳選10選、これさえ借りれば間違いなし 死刑囚が収監されているe棟の緑色の廊下。死刑囚が死に向かう最後の道ということで「グリーンマイル」呼ばれています。そのグリーンマイルを歩くことになるジョン・コーフィー。彼は人間を癒しにやってきたのに、人間の醜い争いに疲れ人間の苦しみを背負って旅立っていきました。 『グリーンマイル』について 【製作年】1999年 【監督】フランク・ダラボン 【出演者】トム・ハンクス、デヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン ほか 【あらすじ】1935年、死刑囚舎房で看守を務めていたポールのもとに、ある死刑囚が送られてくる。 ・あらすじ:アメリカの刑務所には「グリーンマイル」と呼ばれる廊下がある。死刑囚は、このグリーンマイルを歩き電気椅子に座るのだが、ある日その刑務所にコーフィという死刑囚が送られてくる。コーフィには不思議な力があり、手で触れることにより病気を治療することができた。 映画「グリーンマイル 」ネタバレあらすじとラストまでの結末・動画やみんなの感想を掲載。起承転結でわかりやすく徹底解説しています。グリーンマイル のストーリーの結末・感想や感想を含んでいるので、観ていない方はご注意ください。この映画のカテゴリーは ヒューマンドラマ です。 1932年のアメリカ。 主人公ポール(トム・ハンクス)は、刑務所の死刑囚監房で看守を務めていました。 ある日、双子の少女を惨殺した罪で黒人のジョン・コーフィ(マイケル・クラーク・ダンカン)という男が収監されてきます。 ジョン・コーフィは護送車の車体が下がるほどの大男。 しかし、その風貌からは考えられないほど純粋で優しく、繊細な人物でした。 ジョンが収監されてきた同時期に、知事の妻の甥にあたるパーシー(ダグ・ハッチソン)という男も、ポールのいる刑務所の看守としてやって … 舞台『グリーンマイル』を観た人の感想、評価、口コミ. グリーンマイルのあらすじのコピペの類似品下さい 1 : 以下、転載禁止でVIPがお送りします :2014/07/11(金) 09:18:28.71 ID:pnqU0zQTO グリーンマイル以外のやつ下さい スティーヴン キング『グリーン・マイル〈1〉ふたりの少女の死』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約195件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。 『グリーンマイル』(The Green Mile)[1]は、スティーヴン・キングが1996年に発表した、1932年の大恐慌時代の死刑囚が収容されている刑務所を舞台とするファンタジー小説。, アメリカではネタばれを防ぐために(その後日本でも)6冊が毎月1冊ずつ6か月連続で刊行され、話題となった。, 20世紀末、60年前の出来事を刑務所の看守主任だったポールが回想する形で物語が始まる。, 1932年、アメリカの刑務所。死刑囚監房で看守を務めるポールのもとに、一人の大男が送られて来る。双子の少女を強姦殺人した罪を持つ死刑囚ジョン・コーフィは、その風貌や罪状に似合わないほど弱く、繊細で純粋な心を持っていた。これと同時期に、知事の妻の甥であるパーシーが看守となり、傲慢な態度で他の看守たちから嫌われる存在になる。, ある時、コーフィは局部を掴んだだけでポールの重い尿路感染症を治してしまう。彼はその後も、パーシーに踏みつけられ瀕死の重傷を負わされたネズミ(囚人デルがMr.ジングルスの愛称で飼っていたネズミ)の命を救い、これを見た看守たちは、彼はその不思議な力を神から授かった特別な存在なのではと考え始める。同時にポールは悩む。コーフィが電気椅子に送られること、それを行う自分たちは大きな過ちを犯しているのではないかと。, しばらくして、ウィリアム・ウォートン―通称“ワイルド・ビル”という凶悪な死刑囚が送られてくる。コーフィは刑務所所長のハルの妻・メリンダから吸い取った病気をすぐに吐き出さず、パーシーに移した。パーシーは錯乱状態となってウォートンを銃殺し、まもなく精神病院に送られた。それからコーフィはポールの手を取って双子の少女の殺人事件の真相を伝え、ポールはウォートンが双子の少女を殺害した真犯人だったと知る。, しかし、コーフィの冤罪を覆す証拠は存在せず、死刑執行が決定される。ポールたちはコーフィに脱獄を勧めるが、「世界中で、今も愛を騙って人が殺されている。」「毎日のように、世界中の苦しみを感じたり聞いたりすることに疲れたよ」と言いコーフィはそれを拒否して死ぬことを選んだ。数日後、コーフィは電気椅子に送られ、ポールの手で処刑された。, その後、ポールは108歳になっても健康なまま 映画グリーンマイルのあらすじと感想 ; 映画グリーンマイルのあらすじと感想. 無料トライアル期間をうまく活用することでお気に入りの作品を無料で視聴することができます。 『 グリーンマイル 』( The Green Mile ) は、 スティーヴン・キング が 1996年 に発表した、 1932年 の 大恐慌時代 の 死刑囚 が収容されている 刑務所 を舞台とする ファンタジー 小説 。 グリーンマイルのあらすじのコピペの類似品下さい 1 : 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします :2014/07/11(金) 09:18:28.71 ID:pnqU0zQTO.net グリーンマイル以外のやつ下さい ポール(トムハンクス) が勤めている刑務所に ジョン・コーフィー という死刑囚がやってきた。 彼は強姦殺人の罪で床が緑色の刑務所なのでグリーンマイルと呼ばれている刑務所に送られてきた大男ですが、気が弱く、風貌とはかけ離れており、繊細な心の持ち主でした。 【あらすじ】1935年、死刑囚舎房で看守を務めていたポールのもとに、ある死刑囚が送られてくる。彼との交流を深めていった看守たちは、やがて彼の罪を疑問視するようになるが…。 【出演者】トム・ハンクス、デヴィッド・モース、ボニー・ハント、マイケル・クラーク・ダンカン ほか 生き続け、Mr.ジングルスも60年以上生き続けていた。これはコーフィの力の副作用によるものだったが、ポールは自分がコーフィを処刑したことで神から罰を与えられ[2]、家族や友人全員より長生きすることになると信じている。そして短命であるはずのネズミのMr.ジングルスの異常な長寿ぶりから、自分が死ぬのは遠い先のことだろうと考えている。, 形式としては主人公のポール・エッジコムが1992年に老人ホームで友人のエレインに60年以上前の話を聞かせるといった形となっている。, 主な舞台は回想の1932年だが、この時代はコールドマウンテンの刑務所において未だに死刑に電気椅子が使用されていた時代であり、また恐慌時代で多くの人が就職難に苦しんでいたため、職を失うことを現代よりも恐れているといった設定になっている。事実、コールドマウンテンはノースカロライナ州に属する都市だが、ノースカロライナ州では電気椅子による死刑は廃止されている。, 『グリーンマイル』(The Green Mile)は、1999年のアメリカ映画。ジャンルはドラマ。, 上記の小説を原作とする。トム・ハンクス主演。フランク・ダラボン監督。2000年のアカデミー賞では音響・脚本・作品賞、マイケル・クラーク・ダンカンはアカデミー助演男優賞にノミネートされた。日本での公開は2000年3月25日。, ダラボンは映画化に際し、8週間程度で原作から脚本を執筆している[7]。撮影はカリフォルニア州ウェスト・ハリウッドのワーナー・ハリウッド・スタジオ、テネシー州シェルビービル(英語版)、ノースカロライナ州ブローウィング・ロック(英語版)で行われた[8]。, 予告編では、スティーヴン・スピルバーグが「途中で堪えきれずに、4回号泣してしまった」とコメントしていた。, 映画版は時代設定が1999年現在(公開された年)であり、回想の主な舞台は1935年になっている。また、原作に登場するブラッド、アーサー・フランダースは登場しない。, Rotten Tomatoesでは132件のレビュー中80%が本作を支持し「新鮮保証」印がつけられ、平均点は6.8/10となった[9]。Metacriticでは36名の批評家レビューに基づいて61点となった[10]。, ロジャー・イーバートは四つ星満点中三ツ星半を与え、「映画は3時間以上の長いものです。これによって何か月間、何年間もの刑務所の時間を感じることができたことに感謝しています」と批評している[11]。, 触れた相手から病気を吸い取って黒い粒子として吐き出す。触れた相手の心を読み取り、他人にそれを見せる事ができる。, 電気椅子による処刑では、確実に脳天から電気を通すべく頭と電極の間に濡らしたスポンジを挿むのだが、この一件においてパーシーはスポンジを濡らさずに挿んだ。, http://www.rogerebert.com/reviews/the-green-mile-1999, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=グリーンマイル&oldid=80273397. グリーンマイルを別の角度から紐解く。 グリーンマイルを見て皆さんどう思われましたでしょうか? 「善人が死んで悲しい」「命は大切だ」 「死刑はやめるべき」「黒人差別はやめよう」 別にそれも間違いじゃないと思います。 けど、その意見。全く持って本随は其処ではありません。 グリーンマイルのあらすじのコピペの類似品下さい 4 : 以下、転載禁止でVIPがお送りします :2014/07/11(金) 09:22:59.53 ID:XxQpn+Lxi グリーンマイル 【監督】フランク・ダラボン 上記の小説を原作とする。トム・ハンクス主演。 フランク・ダラボン監督。 2000年のアカデミー賞では音響・脚本・作品賞、マイケル・クラーク・ダンカンはアカデミー助演男優賞にノミネートされた。 1999年フランク・ダラボンがトム・ハンクスを主役に迎え、スティーブン・キングの小説を映画化した『グリーンマイル』は世界中の涙を誘った感動作。今回は『グリーンマイル』のあらすじキャストなど … グリーンマイル しげさん今日もお疲れさまでした ̥ きっとこの舞台を観なかったら感じなかったであろう気持ちで観劇中に全身が熱くなって、人間がどうあるべきか考えさせられました( tot ) 【Filmarks★評価】3.9(5点満点中), AKIRA(初回限定「初回限定「30th Anniv. バラード作品集『Slow Collection』」盤 )[初回限定版], AKIRA(初回限定LIVE映像「ALL SINGLE LIVE」盤)(初回プレス仕様)(BD付)[初回限定版], このサイトはjavascriptを使用しています。javascriptをOnにしてサイトをご覧いただくようにお願いいたします。, 【No.130】『僕たちがやりました』個性的な作風とエッジの効いた展開が興味深い【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】, 『ラブ&ピース』“園子温ワールド”&長谷川博己の怪演に『スローバラード』が妙にマッチ【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】, 【No.129】『秘密諜報員 エリカ』栗山千明の魅力が全開&雰囲気ある“B級感”が上々【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】, 【No.128】『無法弁護士~最高のパートナー』知的さに格闘に胸キュン、イ・ジュンギの素敵さが縦横無尽【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】, 『デッドプール2』大胆さと過激さは前作よりマシマシ!笑って笑える快作【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】, David Morse at the Internet Movie Database, David Morse at the Internet Off-Broadway Database, トム・ハンクス  デヴィッド・モース  ボニー・ハント  マイケル・クラーク・ダンカン  ジェームズ・クロムウェル  マイケル・ジェッター  グラハム・グリーン  ダグ・ハッチソン  サム・ロックウェル  バリー・ペッパー, 「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督&スティーブン・キング脚本コンビが放つ感動作。アメリカ南部の死刑囚舎房を舞台に、不思議な力を持つ死刑囚と看守たちとの心の交流を描く。トム・ハンクス主演。1935年、死刑囚舎房で看守を務めていたポールのもとに、ある死刑囚が送られてくる。彼との交流を深めていった看守たちは、やがて彼の罪を疑問視するようになるが・・・。, 『グリーンマイル』名作はやっぱり名作だった! ファンタジックな映像が織りなす直球な物語に心打たれた【TSUTAYAプレミアムで映画漬け】.