国立社会保障・人口問題研究所『人口統計資料集2017年版』, 『日本の将来推計人口(平成29年推計)』 現実の人口増加率 安定人口増加率-2.0-1.5-1.0-0.5 0.0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 1970 1990 2010 2030 2050 2070 2090 2110 (%) 2015年の安定人口増加率 5 国立社会保障・人口問題研究所は「日本の地域別将来推計人口(平成30(2018)年推計)」をまとめました。この推計は、将来の人口を都道府県別・市区町村別に求めることを目的としたものです。 概要を表示 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27å¹´ 国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表 しました。 次に、平成29(2017)年4月に国立社会保障・人口問題研究所が公表した「日本の将来推計人口」における出生中位・死亡中位推計結果(以下、本節においてはすべてこの仮定に基づく推計結果)を概観する。 人口推計は、国勢調査による人口を基に、その後の各月における出生・死亡、入国・出国などの人口の動きを他の人口関連資料から得ることで、毎月1日現在の男女別、年齢階級別の人口を推計しています。また、毎年10月1日現在の全国各歳別結果及び都道府県別結果も推計しています。 äººå£ã«é–¢ã™ã‚‹æŽ¨è¨ˆçµæžœã®å›³è¡¨ã«ã¤ã„て、そのデータをエクセル形式(.xls)で公表 … äººå£(国勢調査の対象と同一定義) ※ 実績と将来推計の人口動態率を連続的に観察できるよう、日本人人口に限定した æ•°; 参考表10-2(j) 0~14歳人口(日本人人口) 参考表10-3(j) 0~14歳人口割合(日本人人口) 参考表10-4(j) 15~64歳人口(日本人人口) 参考表10-5(j) 15~64歳人口割合(日本人人口) 図表Ⅰ-2-1-2 我が国の人口推移の将来予測 15,210 10,767 … 0~4年 5~9年 10~14年 15~19年(完結出生児数) (参考)初婚年齢と夫婦完結出生児数との関係 国立社会保障・人口問題研究所 「日本の将来推計人口(平成30年推計)」より 資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」(2015) 6 �@�e�퓝�v�\���G�N�Z���`���i.xls�j�Ń_�E�����[�h���邱�Ƃ��ł��܂��B, ��100-0011 �����s���c����K��2-2-3 ����J���ۃr��6F �A�N�Z�X�}�b�v 2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24年1月推計)」(出生中位・死亡中位推計) 「図表1-1-1-1 我が国の人口の推移」のExcelはこちら / CSVはこちら. å‹™çœã€Œå›½å‹¢èª¿æŸ»ã€ï¼ˆå¹´é½¢ä¸è©³äººå£ã‚’含む)、2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24å¹´1月推計)」(出生中位・死亡中位推計) 国立社会保障・人口問題研究所. 概要を表示 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年 国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表 しました。 All rights Reserved. 1~9の推計バリエーションごとに、2016~2065年の日本人人口に関する推計結果表および2066~2115年の参考推計結果表(超長期推計)を 参考資料として以下に掲載しています。 総人口(日本における外国人を含む人口)に関する推計結果はこちらです。 厚生労働省の外郭団体である国立社会保障・人口問題研究所は4月10日、「日本の将来推計人口」を公表しました。 国立社会保障・人口問題研究所では,過去7回にわたって都道府県別世帯数の将来推計を公表してきました。 今回は 2014(平成26)å¹´4月に実施した推計 に続く8回目の公表であり,前回に引き続いて家族類型別に推計を実施しました。 日本の将来推計人口(平成29年推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表しました。 5年ごとの国勢調査(平成27年調査)の結果を受けて、これを出発点とした日本の将来の人口推計を国 立社会保障・人口問題研究所が実施。(概ね5年に1度実施。今回は戦後で15回目) 今回の推計では、近年の30~40歳代の出生動向の改善等を反映し、出生率の仮定は前回推計(平成 日本の将来推計人口(全国) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を … �\�P�O�|�Q(J)�@�@0�`14�ΐl���i���{�l�l���j, �\�P�O�|�R(J)�@�@0�`14�ΐl�������i���{�l�l���j, �\�P�O�|�S(J)�@�@15�`64�ΐl���i���{�l�l���j, �\�P�O�|�T(J)�@�@15�`64�ΐl�������i���{�l�l���j, �\�P�O�|�V(J)�@�@65�Έȏ�l�������i���{�l�l���j, �\�P�O�|�X(J)�@�@75�Έȏ�l�������i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�Q(J)�@�@0�`14�ΐl���i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�R(J)�@�@0�`14�ΐl�������i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�S(J)�@�@15�`64�ΐl���i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�T(J)�@�@15�`64�ΐl�������i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�U(J)�@�@65�Έȏ�l���i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�V(J)�@�@65�Έȏ�l�������i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�W(J)�@�@75�Έȏ�l���i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�X(J)�@�@75�Έȏ�l�������i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�P�O(J)�@ ���ϔN��i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�P�P(J)�@ ���ʐ��N��i���{�l�l���j, �Q�l�\�P�O�|�P�S(J)�@ ���R�������i���{�l�j, �Q�l�\�P�O�|�P�V(J)�@ ���R�������i���{�l�j, �Q�l�\�P�O�|�P�W(J)�@ �]���l���w���i�����j. 国立社会保障・人口問題研究所 日本の将来推計人口を公表 2053年に1億人割れ、2065年の高齢化率38% 出生率が上昇、 平均寿命も伸長 厚生労働省の外郭団体である国立社会保障・人口問題研究所は4月10日、「日本の将来推計人口」を公表しました。 (1)将来の高齢化率は4割程度へ 国立社会保障・人口問題研究所は2017å¹´4月10日に「日本の将来推計人口」を発表した。 将来推計人口(2045年) 2015年(平成27年)国勢調査の結果をもとにした国立社会保障・人口問題研究所による30年後(2045年)の推計; : 推計の結果が2015年(平成27年)国勢調査の結果と比べると人口増加している都道府県 日本の将来推計人口(平成24 å¹´1月推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成22 年国勢調査の人口等基本集計結果、ならびに 同年人口動態統計の確定数が公表されたことを踏まえ、これら最新実績値に基づいた新た な全国将来人口推計を行った。 国立社会保障・人口問題研究所は4月10日、最新の「日本の将来推計人口(平成29年推計)」を発表しました。5年ぶりとなる推計では、30~40歳代の出生率の上昇、人口減少の速度や高齢化の進行度合の緩和など、興味深いデータが示されています。 fpcjでは、石井太 国立社会保障・人口問題研究所 女10000人に聞いた「たばこのマナーに関する調査」, メルカリ、フリマアプリとクリスマスプレゼントに関する意識調査を実施, 「自粛期間の掃除に関する掃除の意識調査」を実施, データがいっぱい:スマホとタブレット, データがいっぱい:インバウンド. (2)将来推計人口でみる平成77(2065)年の日本. 国立社会保障・人口問題研究所編. 国立社会保障・人口問題研究所による『日本の地域別将来推計人口』 2018年4月28日 / 最終更新日 : 2018年4月28日 ywatanabe 事務局だより 国立社会保障・人口問題研究所が今年3月30日に『日本の地域別将来推計人口』(平成30(2018)年推計)を発表しました。 å‹™çœã€Œäººå£æŽ¨è¨ˆã€ã€å›½ç«‹ç¤¾ä¼šä¿éšœãƒ»äººå£å•é¡Œç ”究所「日本の将来推計人口(平成29å¹´4月推計)」 (注)団塊の世代は1947~49(s22~24)年、第2次ベビーブーム世代は1971~74(s46~49)年生まれ。 平成18年 (平成19年4月16日公表) 平成17年 平成17年10月1日現在人口は「平成17年国勢調査結果」をご覧ください。 (ただし,平成16年10月~平成17年9月の月別人口については, 「表 年齢(5歳階級),男女別人口 」をご覧ください。 ±ã„データが示されています。 fpcjでは、石井太 国立社会保障・人口問題研究所 なお、1人の女性が生涯に産む平均子供数を推計した合計特殊出生率は、厚生労働省の発表によると、2006年の1.26を底として2015年には1.45となり、2016年が1.44、2017年が1.43、2018年が1.42、2019年が1.36と4年連続で低下し続けている。 0~4å¹´ 5~9å¹´ 10~14å¹´ 15~19年(完結出生児数) (参考)初婚年齢と夫婦完結出生児数との関係 国立社会保障・人口問題研究所 「日本の将来推計人口(平成30年推計)」より 資料:国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」(2015) 6 �d�b:(03)3595-2984�@�^�@Fax:(03)3591-4816. 国立社会保障・人口問題研究所 2013.12-[公文書版] 人口問題研究資料 / 国立社会保障・人口問題研究所 第330, 340号. 国立社会保障・人口問題研究所が2012(平成24)年1月に公表した将来人口推計によ ると、今後日本の人口は減少する見通しであり、2010(平成22)年国勢調査による1億 2,806万人から、2030(平成42)年に1億1,662万人となり、2048(平成60)年には1 億人を割って9,913万人となり、2060(平成72)年には8,674 このページでは、総務省 国勢調査及び国立社会保障・人口問題研究所 将来推計人口、総務省 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のデータに基づいて、日本の人口と世帯についてGD Freakがグラフを作成し、その内容を説明しています。 期参考推計 平成78(2066)~127(2115)年 Ⅰ.はじめに 本報告書は、国立社会保障・人口問題研究所が平成29å¹´4月に公表した日本の将来推計人口の結 2015年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成24å¹´1月推計)」の出生中位・死亡中位仮定による推計結果 (千人) 今後も、年間の死亡数は増加傾向を示すことが予想され、最も年間死亡数の多い2040年と 最新の将来推計人口・世帯数の結果. 5年ごとの国勢調査(平成27年調査)の結果を受けて、これを出発点とした日本の将来の人口推計を国 立社会保障・人口問題研究所が実施。(概ね5年に1度実施。今回は戦後で15回目) 今回の推計では、近年の30~40歳代の出生動向の改善等を反映し、出生率の仮定は前回推計(平成 所蔵館44館 Copyright 2010 National Institute of Population and Social Security Research. (2020年以降の推計)国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」(出生中位(死亡中位)) ※1950-1970年は沖縄県を含まない。 4. 日本の将来推計人口(平成29年推計) 結果の概要掲載表 『日本の将来推計人口(平成29年推計)結果の概要』に掲載された総人口に関する推計結果の図表について、そのデータをエクセル形式(.xls)で公表 … 資料)国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(2017年推計)」の出生中位 (死亡中位)推計より、国土交通省作成 第1節 社会構造に関する予測 108 国土交通 2020 第第第 将来予測される様々な環境変化 Ⅰ. 日本の将来推計人口(平成29年推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27年国勢調査の確定数が公表されたことを受けて、これを出発点とする新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を行い、 平成29(2017)年4月10日にその結果を公表しました。 äººå£ï¼ˆæ—¥æœ¬ã«ãŠã‘る外国人を含む人口)に関する推計結果はこちらです。 日本の将来推計人口(平成29 年推計) 国立社会保障・人口問題研究所は、平成27 年国勢調査の人口等基本集計結果、ならびに 同年人口動態統計の確定数が公表されたことを踏まえ、これら最新実績値に基づいた新た な全国将来人口推計を行った。 資料:棒グラフと実線の高齢化率については、2015年までは総務省「国勢調査」、2017年は総務省「人口推計」(平成29年10月1日確定値)、 2020年以降は国立社会保障・人口問題研究所「日本の将来推計人口(平成29年推計)」の出生中位・死亡中位仮定による推計結果。 平成25年3月推計 , 平成30年推計. 国立社会保障・人口問題研究所は、 4月10日に新たな全国人口推計(日本の将来推計人口)を公表しました。 国立社会保障・人口問題研究所 それによると、 平均出生率は、前回推計の1.35から 1.44に上昇しているようです。 平均寿命は、平成27(2015)年男性80.75年、女性86.98年から、平成77年…